LS電線アジア、1四半期の営業利益21%増加…最大実績の達成

박수정 기자

登録 : 2020-04-10 16:17 | 修正 : 2020-04-10 16:17

[LS電線アジア、1四半期の営業利益21%増加…最大実績の達成]



LS電線アジアが今年1四半期の営業利益で、1996年のベトナム進出や2016年の韓国取引所上場以来、最高の業績を上げたと発表した。

LS電線アジアは10日、今年1四半期の売上高は前年同期比8%増加した1325億ウォン、営業利益は21%増加した73億ウォンを記録すると明らかにした。

会社側は主要事業部門である配電(中・低圧ケーブル)部門の収益性が前年比で増加したことが主な要因だと説明した。 ただ、為替市場の急変で、前年比の外貨評価損失が増え、税引き前利益の減少と表れたが、これは一時的で、会社の成長基盤は異常ないと付け加えた。

LS電線アジアの関係者は"増加するベトナムの電力需要に備え、持続的な設備投資を行ってきた"とし、"こうした投資効果が昨年から持続しており、今年2月に追加増設投資が完了した重圧(MV)ケーブルと、2018年末から始まったミャンマー生産法人(LSGM)の本格的な成長は今年の追加成長動力になるだろう"と述べた。
top