​斗山インフラコア、中国で大型掘削機の注文殺到…20台相次いで受注

박수정 기자

登録 : 2020-05-06 16:54 | 修正 : 2020-05-06 16:54

[​斗山インフラコア、中国で大型掘削機の注文殺到…20台相次いで受注]



斗山インフラコアが中国で続く大型掘削機の注文に嬉しい悲鳴を上げている。

斗山インフラコアは最近、中国北西部の青海と北部の内モンゴル、東部の陝西地域で計20台の大型掘削機を相次いで受注したと5日、明かにした。

斗山インフラコアは先月中旬、青海市一帯で鉱山採掘用装備賃貸業を運営している顧客会社に80トン掘削機(DX800LC-9C)5台と50トン掘削機(DX520LC-9C)1台の大型掘削機計6台を販売した。 80t超大型掘削機であるDX800LCモデルは斗山インフラコアの最新技術を集約したフラッグシップ機種だ。

斗山インフラコアは今回の大型機種の受注で、青海鉱山市場に本格的に参入する足がかりを作ったと判断している。

これに先立って、内モンゴルでも同月、鉱山やインフラ工事用装備レンタル会社が斗山インフラコアの80トン掘削機を3台購入した。 これに先立って、陝西でも建設業顧客企業が49t掘削機(DX490LC-9C)6台、45トン掘削機(DX450LC-9C)2台、36トン掘削機(DX360LC-9C)3台の計11台を購入した。

斗山インフラコアは優秀な燃費と效率的な作業性能を備えた製品、中国現地代理店の迅速なサービス対応力量などで高い評価を受け、欧州と日本のライバル社を追い抜いている。 昨年は青海地域で15%以上のシェアを記録した。 中国全体の市場シェアは7.3%に達する。

中国の建設機械市場はコロナ19の影響で1-2月に落ち込んだが、3月から徐々に回復している。 今年3月、中国掘削機の市場規模は4万6201台で、月基準で過去最大を記録した。

業界は中国政府の景気刺激策への期待感で、現地掘削機の販売規模が昨年の20万台水準から小幅成長するものと見ている。

斗山インフラコアの中国営業担当者は"現地で競争が激しくなる状況だが、高収益の大型掘削機ラインアップを強化し、持続可能な成長を推進する"と述べた。
top