エアプサン、7月に国際線運航再開・・・香港・マカオ路線から順次

양정미 기자

登録 : 2020-05-21 14:24 | 修正 : 2020-05-21 14:24

[写真=エアプサン提供]


新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡大で危機に直面したエアプサンが7月から国際線の運航を再開することにした。

エアプサンは21日、7月の国際線運航再開を目標に下半期の国際線特価航空券の販売に乗り出すと明らかにした。

エアプサンは7月1日、釜山~香港、釜山~マカオ路線の運航再開を皮切りに、中国と日本、東南アジア路線を順次再開する方針だ。

エアプサンは今年2月から国際線路線を停止し、3月8日に日本の成田空港から釜山の金海空港に向かう航空便を最後に、すべての国際線運航を中断した。

このため、エアプサンの第1四半期の売上は昨年同期より46.5%減少し、営業損失も385億ウォンを記録した。

エアプサンは当初、6月の国際線運航再開を検討したが、国内外のコロナ19状況、海外入国制限措置などを考慮し、7月に運航再開時期を延期した。

エアプサンは4ヵ月ぶりに再開する国際線運航を控え、特価航空券イベントを行う。

片道総額運賃基準で国内線8000ウォン、日本路線3万5000ウォン、東南アジア路線4万5000ウォンなど破格の価格で航空券を販売する。

搭乗期間は、国内線は来月15日から10月24日まで、国際線は運航再開時点から10月24日までだ。

 
top