サムスン電子、AI碩学のスン・ヒョンジュン教授の迎え入れ…李在鎔副会長の「ニューサムスン」が本格化

박수정 기자

登録 : 2020-06-25 16:14 | 修正 : 2020-06-25 16:14

[サムスン電子、AI碩学のスン・ヒョンジュン教授の迎え入れ…李在鎔副会長の「ニューサムスン」が本格化]



サムスン電子が人工知能(AI)分野の中核人材を迎え入れ、未来事業の力量確保に乗り出した。 サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が先月、「ニューサムスンビジョン」を発表して以来、初めての迎え入れ事例だ。

サムスン電子は24日、米プリンストン大学のスン・ヒョンジュン教授(セバスチャン・スン)を自社の統合研究組織であるサムスンリサーチ所長(社長)に内定したと明らかにした。

スン所長は脳基盤のAI研究を開拓した世界的な碩学で、プリンストン大学の脳科学研究所とコンピューター工学科で活発な研究活動をしてきた。 2008年には湖巌賞工学賞を受賞し、2018年からはサムスンリサーチのCRS(最高研究科学者)の資格で、サムスン電子のAI戦略樹立と先行研究について諮問を受け持った。 サムスン電子のグローバルAIセンターの設立やAI優秀人材の迎え入れにも貢献した。

彼は韓国を含む13ヵ国にあるグローバル15のサムスンリサーチの研究開発(R&D)センターと7つのAIセンターの未来新技術と融合・複合技術の研究を管掌する予定だ。

サムスン電子は今回の迎え入れを通じて、未来の核心成長動力であるAI技術力を強化し、AI関連事業と戦略を高度化する計画だ。 スン所長が学界で積んだ経験や研究能力、幅広い研究機関ネットワークを基に、世界的な先進研究者らとのオープンイノベーションを強化する一方、優秀な人材を迎え入れを通じた未来技術の研究力量を増進するのに大きな役割を果たすだろうと会社側は期待している。

今回の迎え入れは李副会長が先月、国民向けの記者会見で、「会社の未来のために外部の有能な人材を積極的に迎え入れる」という意志を明らかにした後に行われた初の迎え入れ事例だ。 当時、李副会長は「専門性と洞察力を備えた最高水準の経営だけが生存を保証することができる」とし、「サムスンは今後も性別や学歴、ひいては国籍を問わず、立派な人材を迎え入れなければならない」と強調したことがある。

サムスン電子の関係者は「スン所長の合流により、核心未来事業であるAIに対する研究力量とともに、AI実現に核心的なシステム半導体競争力の向上にもさらに拍車がかかるものと期待される」と明らかにした。
top