現代自の鄭義宣副会長-SKの崔泰源会長、7日に単独会合…電気自動車バッテリー同盟の青写真「完了」

박수정 기자

登録 : 2020-07-06 12:15 | 修正 : 2020-07-06 12:15

[現代自の鄭義宣副会長-SKの崔泰源会長、7日に単独会合…電気自動車バッテリー同盟の青写真「完了」]



鄭義宣(チョン・ウィソン)現代(ヒョンデ)自動車グループ首席副会長が今週、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長と直接会って、電気車バッテリー同盟の「下絵描き」を仕上げる。

李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長、具光謨(ク・グァンモ)LGグループ会長に続く3度目の単独会合だ。 鄭首席副会長はこれを通じて「第2の半導体」とされる電気車バッテリー分野の健全な競争と情報交流などを引き出し、国内4大グループがともに成長できる土台を作るという構想をしている。

5日、業界によると、今週初めに鄭首席副会長が忠清南道瑞山(ソサン)に位置したSKイノベーション工場で崔会長と会って、バッテリー関連の懸案を議論することが分かった。

両社の関係者は"まだ具体的な日程は確認することはできない"と述べながらも、"現在、最終調整を行っている"と述べた。

先立って、鄭首席副会長は5月、忠清南道天安(チョンアン)のサムスンSDIと忠清北道梧倉(オチャン)のLG化学工場を直接訪れ、李副会長、具会長とそれぞれ単独会合を行っている。

鄭首席副会長は持続的な成長に向けて電動車を中心としたグループの革新を推進中だ。 電動車の中核であるバッテリーがなければ達成できない夢だ。 鄭首席副会長が相次いで国内最高であり、グローバル電気車バッテリーメーカーの首長に会った背景だ。

SNEリサーチによると、今年に入って5月まで世界電気自動車用バッテリーの総量はLG化学が累積シェア24.2%で、1位を占めた。 続いてサムスンSDIが6.4%で4位、SKイノベーションは4.1%で、グローバル7位になっている。

同日、鄭首席副会長と崔会長の出会いで両社の協業関係はより堅固になるものと期待される。 SKイノベーションは来年初頭から量産される現代・起亜自の専用プラットフォーム(E-GMP)基盤の電気自動車にバッテリーを供給する予定だ。 入札を経て、約5年間10兆ウォン規模の供給契約を結んだという。 SKイノベーションは今年下半期に発注される現代自動車のE-GMPの3次物量の受注も参加している。

鄭首席副会長のこのような公式的な電気車バッテリー協業の強化に向けた動きに、現代自グループの電気自動車の信頼度はさらに上昇するものと観測される。 実際、現代自はエコ自動車に対する需要の急増と製品の信頼をもとに、コロナ19にもこの部門で急成長している。

グローバル電気車専門メディアのEVセールズによると、現代・起亜自動車は今年1四半期(2万4116台)の純粋な電気車販売順位でテスラ(8万8400台)、ルノー・日産アライアンス(3万9355台)、フォルクスワーゲングループ(3万3846台)に続いて4位を占めた。 現代・起亜自のハイブリッド、電気車、水素、電気自動車、プラグインハイブリッド車などエコ車累積販売量も5月に150万台を超え、成長可能性をもう一度確認させた。

現代自グループはこれにとどまらず、同盟を土台としてさらに一歩成長するために主力する。 現代自の場合、2025年まで電気自動車56万台を販売し、水素電気車を含めたエコカー市場で世界3位を達成するという目標だ。 起亜自はグローバル電気車のシェアを昨年2.1%から2025年6.6%まで引き上げる計画だ。
top