済州航空 "イースターにシャットダウン要求したことない…未払い賃金は現経営陣が解決すべき"

박수정 기자

登録 : 2020-07-08 16:36 | 修正 : 2020-07-08 16:36

[済州航空 "イースターにシャットダウン要求したことない…未払い賃金は現経営陣が解決すべき"]



済州(チェジュ)航空がイースター航空との買収合併過程で浮上した各種の争点について反論した。 両社が相次いで買収合併の遅延に対する責任を巡って暴露戦を繰り広げており、合併が結局、中止手順を踏むのではないかという観測も提起されている。

7日、済州航空はイースター航空買収関連の立場文を通じて、"株式売買契約(3月2日)の締結直後、イースター航空は地上操業会社や精油会社から給油及び操業中断の通報を受けた状況であり、現実的に運航を継続することが難しかった"、"このような状況などを総合的に考慮し、済州航空の前代表取締役(イ・ソクジュ)は国内線もシャットダウンしたほうがよいという「助言」をしたのだ"と述べた。

そして、"イースター航空は両社間の協議を通じて行われた運航中止措置をまるで済州航空が一方的に指示したように罵倒している"、"済州航空がシャットダウンを要求したり、強制したことはないし、イースター航空が私たちの意見に拘束される理由もない"と付け加えた。

構造再編もやはり済州航空が関与しなかったと反論した。 先立って、イースター航空の操縦士労働組合は済州航空が構造調整を要求したという証拠としてエクセルのファイルを公開したが、そこには構造調整の目標405人、関連の補償費用52億5000万ウォンが記載されている。 これに対して済州航空は"株式売買契約後の3月9日12時頃、両社が初のミーティングをして、当日17時にイースター航空からエクセルファイルを送ってくれたが、それと同一の内容だ"と述べた。

そして、"ミーティングを終了した後、数時間内に当該資料を送付することは不可能だ"、"すでに株式売買契約の締結前に作成された資料と推定される"と主張した。

済州航空が合併過程で最善を尽くしたという点も強調した。 済州航空は"資金難を経験していたイースター航空の運営資金の調達のため、100億ウォンを低利(1.3%)で貸与し、契約保証金119億5000万ウォンのうち、100億ウォンをイースター航空の転換社債に投入することに同意した"と述べた。 また、"さらに、国内外の企業結合審査も誠実に遂行し、7日にベトナム企業結合審査までに完了した"、"自社が遂行しなければならない先行条件は全て終えた"と強調した。
top