​LGディスプレイ、ベンツ・SクラスにP-OLEDの供給

박수정 기자

登録 : 2020-07-13 14:20 | 修正 : 2020-07-13 14:20

[​LGディスプレイ、ベンツ・SクラスにP-OLEDの供給]



LGディスプレイがメルセデス・ベンツの2021年型SクラスにP-OLED(プラスチック有機発光ダイオード)を供給する。

12日、関連業界や外国メディアによると、今年下半期に公開されるメルセデス・ベンツのSクラス新型モデルにLGディスプレイのP-OLEDが搭載される。

先立って、LG電子は2月、米プレミアム自動車ブランドのキャデラックに38インチP-OLEDを供給したと明らかにしている。

LGDは今年、ベンツ・Sクラスのほか、ベンツEクラスなどグローバル自動車業界にP-OLEDの供給を本格化する見通しだ。

P-OLEDはLGディスプレイの次世代成長動力だ。 デザイン自由度が高いうえ、軽くて、次世代スマートフォンと電気自動車などに主に活用されるものとみられる。

市場調査会社のオムディアによると、LGディスプレイは昨年、全世界の車両向けディスプレイ市場でシェア20%(売上高基準)で、1位に上がった。

LGディスプレイは今年、大型OLEDとP-OLED事業を中心に黒字転換を図るという方針だ。 昨年は1兆3594億ウォンの営業赤字を記録した。

業界関係者は"プレミアム自動車を中心に、ディスプレイの活用度が高まっていて、LGDに機会になるものと見られる"と述べた。
top