ネクセンタイヤ、現代・起亜自とAIビッグデータ「騒音低減予測システム」構築

박수정 기자

登録 : 2020-07-13 15:59 | 修正 : 2020-07-13 15:59

[ネクセンタイヤ、現代・起亜自とAIビッグデータ「騒音低減予測システム」構築]



ネクセンタイヤが人工知能(AI)ビックデーターを活用した「騒音低減予測システム」を構築した。

ネクセンタイヤは現代・起亜自、仁荷大学とともに、騒音・振動・衝撃ビックデータの産学共同研究を進めた末、このような結実を得たと13日、明らかにした。

ネクセンタイヤの中央研究所と現代・起亜自の共同協業を通じた騒音試験ビックデーターで、タイヤ騒音の分野でAI研究が可能になった。 タイヤ設計要素はネクセンタイヤのイメージプロセッシング技術で具現した。

騒音測定に活用されたネクセンタイヤの中央研究所の無響室は100つ以上の最先端センサーで、騒音に対する多様な原因と性能分析が可能である。 国内初の4ドラム実験設備が用意され、実際の車両で試験を進めている。

ネクセンタイヤはこれからも技術力量の強化を通じ、プレミアム新車用タイヤ(OE)と交代用タイヤ(RE)製品の適用にも拍車をかける計画だ。

ネクセンタイヤの関係者は"ビックデーターを利用したAI技術は4次産業革命、未来モビリティなど急変する自動車市場でその重要性が増している"、"4次産業革命時代に合わせた技術開発や投資で、グローバルタイヤ産業を先導していく"と述べた。
top