サムスン電子、産学協力センターの設立2年…革新生態系の構築に拍車

박수정 기자

登録 : 2020-07-13 16:04 | 修正 : 2020-07-13 16:04

[サムスン電子、産学協力センターの設立2年…革新生態系の構築に拍車]



サムスン電子が半導体未来技術と人材養成を支援するために設立した「産学協力センター」が発足2周年を迎えたと13日、明らかにした。

サムスン電子は大学の研究力量が半導体産業の生態系を質的に成長させる基礎土壌という判断によって、2018年7月、産学協力を担当する「産学協力センター」を設置した。

これを通じて、毎年△前・現職教授350人余り △博士奨学生と養成課程の学生400人余りを選抜して支援し、半導体・ディスプレイ分野の産学課題の支援規模を既存の年間400億ウォンから2倍以上拡大した。

サムスン電子は今年、コロナ19などによる不確実性の中でも産学協力基金1000億ウォンを投入することにした。 このような産学協力投資は△研究活動の遅延 △課題保留 △研究費の縮小などコロナ19の事態で困難を経験して萎縮されている国内の大学の研究現場に活力を吹き込むものと期待される。

サムスン電子は国内の大学に会社が保有した先端半導体設備を無償で支援している。 国内の大学が半導体研究インフラの不足を克服し、実際の産業に適用できる研究成果を出せるようにするためだ。 昨年も10大学あまりから約100件余りの研究用テスト半導体製作依頼を受け、全て無償支援した。

また、サムスン電子は産学協力が実質的な成果につながるこtpができるよう、現在進行中の協力課題の特許登録を奨励している。

この他にも既存の工科学部中心の産学協力だけでなく、基礎科学分野でも協力を広げている。 特に新素材の開発と工程データの分析などに活用できる物理・化学・数学など基礎科学分野の研究課題について全体の産学協力の金額の10%以上を割いて支援している。

サムスン電子のイ・ハングァンDS部門産学協力センター長常務は"国内大学との産学協力プログラムを拡大し、大学が優秀な実務型R&D人材を養成するようにする"とし、"優秀な人材が企業に進出し、力量を広げられる健全な生態系を構築するのに貢献するものと期待される"と述べた。
top