サムスン物産、コロナ19にも「善戦」…2四半期の営業益、前年比7.7%↑

박수정 기자

登録 : 2020-07-22 14:09 | 修正 : 2020-07-22 14:09

[サムスン物産、コロナ19にも「善戦」…2四半期の営業益、前年比7.7%↑]



サムスン物産がコロナ19の拡散にも2四半期の業績防衛に成功した。

サムスン物産は21日、今年2四半期の売上高7兆2230億ウォン、営業利益2380億ウォンを暫定集計されたと21日、公示した。 前年同期対比の売上額は9.4%減少し、営業利益は7.7%増加した数値だ。

サムスン物産はコロナ19の拡大を受け、グローバル景気の低迷や内需萎縮、一部の大型プロジェクトが竣工し、前年同期対比の売上が減少したが、事業部門別の収益性改善の努力と子会社であるサムスンバイオロジックスの実績改善などで、前年同期比の営業利益が増加したと説明した。

商社部門は2四半期の売上高3兆170億ウォン、営業利益130億ウォンを記録した。 それぞれ前年同期より15.4%、51.9%減少した。 コロナ19によるグローバル需要萎縮で、トレーディング量が減少し、原材料価格などが下落して打撃を負った。

建設部門は前年同期と同様水準の実績を出した。 売上は2兆8420億ウォンで、前年同期より9.8%減少した。 営業利益は1480億ウォンで、前年同期より6.3%減少した。 建設受注は江南地域の再建築など2四半期に約2兆7000ウォンを追加し、上半期の累積5兆3000億ウォン、年間計画11兆1000億ウォンを持続推進していると説明した。

ファッション部門とリゾート部門の実積はコロナ19による国内消費萎縮により、直撃を受けた。 ファッション部門の2四半期の売上高は3770億ウォンで、前年同期に比べて9.4%減少した。 営業利益は10億ウォンで、前年同期より90%減少した。 リゾート部門の2四半期の売上高も6800億ウォンで、前年同期より10.6%減少し、営業利益も60億ウォンで、前年同期より88.7%減少した。

サムスン物産の関係者は"コロナ19の影響で依然として厳しい経営状況が予想されるが、事業構造と費用効率化努力などを持続し、損益影響を最小化する"、"部門別の競争力強化と新しい経営環境に適した戦略実行で、年間の経営目標の達成に向けて努力する計画"と述べた。
top