李在鎔-鄭義宣、現代自の研究開発の心臓部で2回目の会合

박수정 기자

登録 : 2020-07-22 14:45 | 修正 : 2020-07-22 14:45

[李在鎔-鄭義宣、現代自の研究開発の心臓部で2回目の会合]



李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長と鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車グループ首席副会長が21日、現代自グループの「研究開発(R&D)の心臓部」の京畿道華城・ナムヤン研究所で2回目の会合を行った。

彼らは次世代エコカーと都心航空モビリティ(UAM・Urban Air Mobility)、ロボティクス(robotics)など鄭首席副会長の「未来ビジョン」3大分野で多角的協力策を模索した。

現代自グループがR&D重要拠点のナムヤン研究所をライバル会社のオーナーに公開したのは今回が初めてだ。 1万4000人余りの研究陣が未来モビリティ市場の先取りに向け、現代自グループの核心技術を開発している場所であるだけに、外部には徹底的に非公開されたところだ。 サムスンが一時ライバル会社だったという点を考慮すれば、さらに目を引く。

それにもかかわらず、財界1・2位のトップである李副会長と鄭首席副会長がここで会合するようになったのは電気自動車と自律走行など未来車市場を先導するためには強固な協力関係が必要という切羽詰った気持ちがあったためと解釈される。

今回の会合は李副会長の答礼訪問の形で行われた。 先立って5月には鄭首席副会長がサムスンSDIの天安事業場を訪問し、李副会長と全固体バッテリーなどについて議論した。

同日午前、李副会長と鄭首席副会長を含めた両社の主要経営陣は現代自の水素燃料電池システム、電気車技術、ウェアラブルロボット技術などR&D現場を見て、自律走行車と水素電気車を試乗した後、昼食食事を共にした。

特に、業界では今回のトップの会合にサムスン半導体事業をけん引する主要CEOらが陪席し、未来車技術協力分野がバッテリーを超え、半導体、ディスプレイなど電裝部品に拡大されるものと見込んだ。

サムスングループは半導体中心の電装部品を4大新成長事業に決め、事業を拡大するのに拍車をかけている。 サムスン電子は2017年、自動車電装専門会社であるハマーンを買収し、市場に進入した。 現代自動車も未来車市場の主導権を確保するため、システム半導体やディスプレイなど電装部品メーカーとの協力が不可欠な状況だ。

一方、1995年に設立されたナムヤン研究所は世界市場に発売する現代・起亜自の開発を専従する世界的な規模の総合自動車研究所だ。 347万㎡の敷地に総合走行試験場、衝突試験場、デザインセンター、材料研究棟、電子研究棟などの施設を備えている。
top