サムスン電機、2四半期の営業益41.4%↓…カメラモジュールの需要減少

박수정 기자

登録 : 2020-07-29 12:05 | 修正 : 2020-07-29 12:05

[サムスン電機、2四半期の営業益41.4%↓…カメラモジュールの需要減少]



サムスン電機は2四半期連結基準の売上高が1兆8122億ウォンで、前年比19%減少し、営業利益は960億ウォンで、前年比42%減少したと発表した。

サムスン電機はコロナ19事態と季節的な要因の影響で、カメラ及び通信モジュールの供給が減少し、前期対比の実績が減少した。 特に前年同期比、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の平均販売価格の下落やコロナ19によるモバイルの需要低迷で、営業利益が減少した。

下半期にサムスン電機はMLCCと半導体パッケージ基板、RFPCBなど主要取引先の新モデルの発売と5G機器の普及拡大、PCやゲーム機向けの需要増加により、業績が好転するものと見込んだ

サムスン電機の関係者は"コロナ19の影響で、カメラモジュールの実績が前年同期には及ばないものと予想される"、"下半期にはフラッグシップ新モデル用のハイスペックなカメラの供給拡大で、2四半期比改善されるものとみられる"と述べた。
top