LG電子、モスクワ空港にLEDサイネージの大挙供給

박수정 기자

登録 : 2020-07-29 17:37 | 修正 : 2020-07-29 17:37

[LG電子、モスクワ空港にLEDサイネージの大挙供給]



LG電子がロシア国際空港に商業用ディスプレイを大挙供給した。

LG電子は最近、モスクワ北部に位置したシェレメーチエヴォ国際空港Cターミナルの航空運航情報表出システム(FIDS)に入るLEDサイネージの設置を終えたと29日、明らかにした。

LG電子が構築した航空運航情報表出システムは横68.5m、縦6.5m規模だ。 ピクセル間隔が2.5ミリで、コンテンツを鮮明に表現するとLG電子は説明した。 LEDサイネージはキャビネットの枠がなく、数枚をつなぎ合わせて一つの大型画面のように見えるように設置することができる。

これと共に、LG電子はCターミナルのチェックインデスクとVIPラウンジに設置されるサイネージも大挙供給した。 Cターミナルはシェレメーチエヴォ国際空港が推進している新空港建設事業の一環で改装を終え、今年初めに開場した。

LG電子はこれに先立ち、一昨年には同じ空港のBターミナルにも商業用ディスプレイを大挙供給し、製品競争力と運営の利便性を認められたことがある。 Bターミナルには△計1164平方メートル規模の室内用LEDサイネージ △32:9画面費とUHD解像度の提供が可能な88型ウルトラストレッチサイネージなど多様な製品を供給した。

LG電子は商業用ディスプレイ分野で多様なビジネスニーズに対応する幅広いラインナップを確保している。 独自プラットフォームのwebOSを搭載したLGサイネージは使用便宜性が卓越で、維持管理も便利だ。

先立って、LG電子はロシアのほかにも英国、フランス、イタリア、ハンガリー、ノルウェーなど欧州主要国家の空港にも様々なサイネージ製品を供給したことがある。
top