LG化学、2四半期の営業利益5716億達成…前年比131%増加

박수정 기자

登録 : 2020-07-31 14:54 | 修正 : 2020-07-31 14:54

[LG化学、2四半期の営業利益5716億達成…前年比131%増加]



LG化学のバッテリーを担当する電池事業部門が四半期史上最大の営業利益を達成し、業績をけん引した。

31日、LG化学は2四半期連結基準の業績で、売上高6兆9352億ウォン、営業利益5716億ウォンを達成したと明らかにした。 前四半期と対比し、売り上げは3.1%、営業利益は177.7%増加しており、前年同期比では売上げは2.3%、営業利益は131.5%増加した。

コロナ影響にも、石油化学部門の差別化された運営効率性の増大及び主要製品スプレッドの改善などで、二桁の営業利益率(13.1%)を達成しており、電池部門は自動車電池の黒字など四半期史上最大の業績を達成した。

事業部門別業績と3四半期の予測を見ると、石油化学部門は売上3兆3128億ウォン、営業利益4347億ウォンを記録した。 原油安の影響で、製品価格が下落し、売上は減少したが、差別化された運営力の強化や中国の需要回復によるABSなど主要製品スプレッドの拡大で、昨年1四半期以降、5四半期ぶりに二桁の営業利益率(13.1%)を記録した。 3四半期はグローバル経済活動の再開による家電など前方産業の回復期待感で、堅調な実績が続く見通しだ。

電池部門は売上2兆8230億ウォン、営業利益1555億ウォンで、四半期史上最大の売上げや営業利益を記録した。 欧州、中国など世界のエコ政策拡大による電気自動車の販売増加、北米地域の大規模ESSプロジェクトの供給などで、前期対比売上が25%増加した。 収益性の面でもポーランド工場の歩留まりなど生産性の改善、コスト削減などで、自動車電池事業で黒字を記録し、史上最大の業績を達成した。 3四半期には自動車電池の欧州向け出荷量の拡大、自動車用の円筒型電池の販売増加で、売上成長と堅調な収益性が続く見通しだ。

先端素材部門は売上7892億ウォン、営業利益350億ウォンを記録した。 コロナの拡散によるIT、ディスプレイなど前方市場の需要減少で、売上は落ちたが、原材料価格の下落、費用効率化などで収益性が改善された。 生命科学部門は売上1603億ウォン、営業利益141億ウォンを記録し、子会社であるファーム韓農は売上1778億ウォン、営業利益116億ウォンを記録した。
top