大韓航空、機体損傷も知らず日本まで運航…虚偽報告は「反論」

박수정 기자

登録 : 2020-08-01 14:56 | 修正 : 2020-08-01 14:56

[大韓航空、機体損傷も知らず日本まで運航…虚偽報告は「反論」]



31日、監査院が公開した「仁川国際空港公社の機関運営監査報告書」によると、2018年4月、仁川空港発-大阪行きの大韓航空旅客機は離陸前に搭乗橋と衝突し、航空機のエンジン吸入口カバーが損傷されたが、目的地までそのまま運航した。

大韓航空は日本に到着してから航空機の一部が損傷されたことを発見し、仁川空港に要請し、衝突事故の事実を認知したと伝えられている。 しかし、大韓航空が国土交通省に該当事故の発生時点を日本到着時点で報告し、虚偽報告の議論が起きた。 航空会社は規定上、飛行機事故の発生時、軽重に関係なく、当該事実を72時間内に国土省に報告しなければならない。 そうでない場合、6000万ウォンの課徴金が課せられる。 特に事故の事実を認知した仁川国際空港公社は国土省に報告さえしなかったことが明らかになった。

大韓航空は事後にこれを把握していながらも、当局に虚偽報告をしたという監査院の主張に対し、"事件の正確な原因が究明されていないことで、「発生位置」項目に発見空港である関西空港を記載した"とし、"発生位置に対する理解の違いがあったことで、虚偽報告をした事案はない"と反論した。 また、"72時間以内の義務報告の規定を遵守した"、"義務規定の遵守で、課徴金賦課の対象から外された"と釈明した。 課徴金賦課事項ではなかっただけでなく、機体損傷の原因が当時、仁川空港公社側の操業士の過失と確認され、大韓航空は4億ウォンの補償金を受けた。
top