斗山重工業、「3兆の自己救済案」巡航…債権団に支援金の初償還

박수정 기자

登録 : 2020-08-03 11:45 | 修正 : 2020-08-03 11:45

[斗山重工業、「3兆の自己救済案」巡航…債権団に支援金の初償還]



斗山重工業が債権団の緊急運営資金の支援金の返済に拍車をかけた。

斗山重工業はハナ金融・モアミレドコンソーシアムとクラブモウCCの売却取引を完了し、売却代金1850億ウォンのうち、一部の会員権入会保証金の返還費用などを除いたお金で債権団の借入金を返済したと2日、明らかにした。 返済額は1200億ウォン台だ。

債権団の緊急運営資金の支援後、初の返済だ。 斗山重工業は経営危機で3兆6000億ウォンの支援を受けた。

今回の初償還を皮切りに、非主要資産の売却など財務構造の改善計画を差し支えなく進行し、速やかに経営正常化を推進する予定だ。 斗山重工業はクラブモウCCだけでなく、斗山ソルースを私募投資ファンドのスカエレイクインベストメントに売却することなどにも拍車をかけている。

斗山グループは斗山建設、斗山タワー、斗山モトロル、ネオフラックスなど系列会社の資産売却も推進中であることが分かった。 斗山インフラコアの場合も最近、買収候補者たちにティーザーレターを送ったという。

朴廷原(バク・ジョンウォン)斗山グループ会長は6月、年内に1兆ウォン規模の有償増資と資本拡充をするという計画を明らかにしている。 業界では現在、売却作業が進められている斗山の系列会社の予想取引価格合計を3兆3000億ウォン水準と推定し、当初の目標値である3兆ウォンを無難に達成できるものと予見している。

財務構造改善と共に、未来成長動力の確保も巡行中だ。 全世界のパラダイムがエコ基調に変わり、原発および石炭事業の比重を減らし、新成長事業に転換するということだ。

斗山重工業は海上風力事業を2025年の年間売り上げ1兆ウォン以上の事業として育成する方針だ。 これは昨年、斗山重工業の売上(3兆7000億ウォン)の約27%に達する水準だ。

初めて国産化に成功した発電用大型ガスタービン市場も正照準している。 英国のHISマークイットが発表した資料によると、全世界のガス発電市場は2030年まで年平均68GW規模の設備容量の増加が行われるものと展望する。

斗山重工業は最近、3600億ウォン規模の西部発展と金浦(キンポ)熱併合発電所パワーブロックと建設工事部門の契約を締結した。 昨年12月、西部発展と同発電所に納品するガスタービン供給契約を締結したことに続き、追加契約だ。

国際舞台にも進出した。 斗山重工業は国際競争入札方式で行われた受注戦で、多数のグローバル発電主機器メーカーと競争した末、アラブ首長国連邦(UAE)フジャイラF3複合火力発電所の設備を700億ウォンに受注した。
top