[ホン・ジュンピョのコラム] 高騰した金価格が不都合な理由

양정미 기자

登録 : 2020-08-03 15:07 | 修正 : 2020-08-03 15:07

[写真・執筆=現代経済研究院のホン・ジュンピョ動向分析チーム長]


金価格の上昇が興味深い。歴史的に金価格はオイルショックを基点に一段階ジャンプし、世界金融危機を経験しながらもう一段階ジャンプした。今こそさらなるジャンプができる時期ではないかと思う。

代表的な安全資産である金は、世の中が不確実で経済が危機状況に突き進めば価値が注目され、価格が上昇する。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)による経済危機状況下での金価格の上昇は理解できる。ところが、経済危機とグローバル株式市場の好況が同時に繰り広げられ、金価格まで上昇するケースはなかなか理解できない。理由は何だろうか。

まず、金価格上昇の本来の背景である経済危機や不確実性の拡大により、安全資産の価値が浮き彫りになるからだ。今、世界経済は全力を尽くして達成できる成長の潜在的水準が、世界金融危機前に比べ、一段階下がっている。世界経済を支えている縄が微弱な微動にも大きく揺れる格好だ。振り返れば、ブレグジット(Brexit・英国のEU離脱)国民投票当時、世界金融市場が大きく揺れた理由も、成長エンジンがあまりにも壊れていたためではないかと思う。英国が欧州連合(EU)を離脱することにしたのがビッグニュースではあったが、猶予期間が2年もあったことを考慮すれば、よけいな大騒ぎだったのかもしれない。ブレグジットが発生しても実体経済が冷え込むわけでもなかったのに、、、。成長の勢いそのものが弱く、小さな波にも大きく揺れる世界経済だ。

そんな中、世界経済の大きな軸である米国と中国の対立がなかなか解決の糸口を見出せず、ますます反目と葛藤の溝が深まり、不確実性がさらに大きくなっている。今年初めに米中が第1段階の貿易合意に署名しながら期待された平和ムードは、コロナ19発生後に崩れた。むしろ、それ以前より状況が悪化しているように見える。米中対立は、米国の大統領選挙局面以後にも貿易分野を越えて技術と金融、外交、国防など全方位的かつ長期的に進行する可能性が高くなった。再選を狙うトランプの立場では、中国と比較される米国内のコロナ感染者の増加と景気低迷を制御するために対中国強硬路線を選びたいだろう。米国が中国に要求した貿易赤字の縮小、知的財産権保護など不公正貿易行為の禁止などが進展しない状況で、再選関連の政治的要因まで加わり、上半期よりは下半期に米中対立は言葉ではなく具体的な行動として現れる可能性が高い。ここまでくると、G2は世界経済のリーダーではなく、グローバルな迷惑ではないかと思う。

第二に、米ドル安が金価格を上げた。代表的な安全資産である米ドルの弱化で、投資家らの視線が金に向けられたのだ。今年7月末、米ドルインデックスは最近2年間で最も低い94ポイント水準まで下落した。原因はいろいろあるだろう。米国のコロナ19再拡大の浮上や、過去最悪とされていた第2四半期の成長率など、景気低迷でドル安が予想された。これに対応するための既存の景気刺激策に加え、追加的な財政支出が計画されている。米国は7月中旬までコロナ19対応に向けた計4回にわたって2兆8000億ドルの財政を投入した。ところが、共和党は7月末、1兆ドルの雇用確保および医療費支給などのためのテコ入れ策を上院に提出した。2008年の世界同時不況当時の「景気刺激策(Stimulus Package)」のために投入された財政支出規模が計7900億ドルだったことを考慮すると、今回のコロナ19危機に対応するための財政支出規模である3兆8000億ドルは行き過ぎではないかと思われる。大量の米ドルが市場に供給されることは予想できただろう。連邦準備制度(Fed)も7月のFOMC会議で緩和的な金融政策を維持することを明らかにした。これは、米ドルの流動性増加が最近の金価格の上昇とグローバル株式市場の好況が同時に起こっている主な原因でもある。

かつて金価格は1オンス当たり2000ドルに迫っていた。2011年9月だった。しかし、当時、欧州財政危機が深刻になり、相対的に米ドル高が進み、金価格は下落した。最近、欧州連合各国が景気浮揚策に合意したことでユーロ高が進み、相対的に米ドル安が進んだことを考慮すれば、金に投資しようとする立場としては米ドルの行方に注視しなければならない。米ドルの行方は米景気の流れだけでなく、ユーロ、欧州景気の流れおよび景気刺激策の強度などにもかかっており、チェックすべきことが一つや二つではないだろう。

投資の側面から見れば、今の金価格が適正なのか、さらに値上がりするのかという疑問を持つのは当然だろう。結論として、金価格は金そのもの自体が決定する資産ではない軸に属する(需要・供給論理の制限的適用)。他の資産と異なり、金は配当金が出る株や利子収益が発生する債券のようにキャッシュフローを発生させない。また、再処理を経て実用的な商品になる原油などのような商品価格を形成しない。したがって、金は適正価値を推定することが難しく、常にバブル論争が起きてきた。金の価格は金自体の価値ではなく、世界情勢や経済状況を反映していると解釈する必要がある。

適正価値を計算することが難しく、保有するだけでも利益を形成する金・金価格が1オンス当たり2000ドルを突破するのは興味深い現象だが、歓迎するほどのことではない。金価格の上昇の裏には、世界政治や経済の不確実性の拡大があるためだ。
top