LG電子、2半期の北米市場で「善戦」…米中対立に恩恵

박수정 기자

登録 : 2020-08-04 14:12 | 修正 : 2020-08-04 14:12

[LG電子、2半期の北米市場で「善戦」…米中対立に恩恵]



LG電子が新製品発売なしに北米市場で占有率を高めた。 ファーウェイ、小米、Oppoなど中国ブランドの需要が激減し、反射利益を享受したものと分析される。

3日、市場調査会社のストラテジー・アナリティックス(SA)によると、LG電子は今年2四半期の北米スマートフォン市場で、13.9%のシェアを記録した。 これは前四半期(12.6%)比1.3%ポイント、昨年同期(13.6%)比0.3%ポイント上昇した数値だ。

LG電子はプレミアムスマートフォン「V60シンキュー」と中低価フォンが北米市場で中国スマートフォンの空席を埋めたと説明した。

実際、中国ブランドは米中葛藤が深刻化し、大幅にシェアが墜落している。 TCLは昨年同期の7.9%から今年2四半に5.3%に下落し、ファーウェイの北米シェアは0.2%、ZTEは1%未満に下落した。

北米市場の善戦とスマートフォン工場のベトナム移転、「LGベルベット」発売などによって、LG電子のスマートフォン事業部(MC事業本部)は2四半期の収益性が一部改善された。 MC事業部の売上高は1兆3100億ウォンで、前半期対比30%増加し、営業損失は2065億ウォンで、前半期対比313億ウォン改善された。

LG電子は中低価格フォンとV60シンキューなどのプレミアムフォンラインアップを備え、スマートフォン事業部の黒字転換を図るという方針だ。

LG電子は来月、北米市場でファルコム社が製作した5G専用アンテナのミリメートル波(mmwave)を追加したLGベルベットを本格的な発売を開始し、攻略に乗り出す。 LGベルベットはミリメートル波周波数を円滑に利用するため、スマートフォンの隣のフレームも薄く変えた。 5G市場が初期であるだけに、LGベルベットの販売はLG電子のシェア拡大に寄与するものとみられる。

10月には大きさの違うディスプレイパネル2つを一つのスマートフォンに搭載した別称「横本能フォン」も量産する計画だ。

2半期の北米市場でスマートフォン市場占有率1位はアップル(36.8%)、2位はサムスン電子(27.1%)が記録した。
top