カカオ、2四半期の営業益978億ウォン…前年比142%↑

박수정 기자

登録 : 2020-08-06 16:01 | 修正 : 2020-08-06 16:01

[カカオ、2四半期の営業益978億ウォン…前年比142%↑]



カカオが2四半期に歴代最高の四半期業績を記録した。

カカオは今年2四半期の売上が前年同期比30%増えた9529億ウォンを記録したと6日、公示した。 同期間の営業利益は前年同期比142%増加した978億ウォンであり、営業利益率は10.3%だ。 これは、カカオの創業以来、歴代最高の四半期業績だ。

カカオは"カカオトークを基盤にした広告、コマース事業の拡大と新事業部門、グローバル有料コンテンツ事業の成長が全体の売上成長をけん引した"と説明した。

プラットホーム部門の売上は前年同期比51%増加した4927億ウォンを記録した。 トークビーズの売上はカカオビーズボードによる売上拡大とコマースの売上の成長で、前年同期比79%増加した2484億ウォンだ。

ポータルビーズの売上は前年同期比14%減少した1175億ウォンを記録した。

ペイ、モビリティなどを含めた新事業部門の売上は前年同期比149%増加した1268億ウォンと集計された。

コンテンツ部門の売上は前年同期比13%増加した4602億ウォンだ。

有料コンテンツの売上はカカオジャパンのグローバル取引額の増加、カカオページのIP(知的財産権)事業の拡大で、前年同期比46%成長した1190億ウォンを記録した。

ゲームコンテンツの売上は前年同期比9%成長した1075億ウォンを達成した。

ミュージックコンテンツの売上は前年同期比4%増加した1510億ウォンを達成し、IPビジネスのその他の売上は前年同期比1%増加した827億ウォンだ。
top