​​大宇造船海洋、2四半期の営業利益734億ウォン…前年比62.3%↓

박수정 기자

登録 : 2020-08-15 15:35 | 修正 : 2020-08-15 15:35

[​​大宇造船海洋、2四半期の営業利益734億ウォン…前年比62.3%↓]



大宇造船海洋は14日、公示を通じて、今年2四半期連結基準の営業利益が734億ウォンで、昨年同期(1948億ウォン)より62.3%減少したと発表した。

2四半期の売上高は1兆9658億ウォンで、昨年同期より8.5%減少し、当期純利益は515億ウォンで、64.5%減少した。

上半期基準で見れば、営業利益は3524億ウォンで、昨年同期(3945億ウォン)比10.7%減少した。 売上高は3兆9239億ウォンで、7.1%減少し、当期純利益は2940億ウォンで、13.7%減少した。

大宇造船海洋は"生産性の向上とコスト削減活動などを通じ、上半期に引き渡された船舶と海洋製品で利益を確保し、黒字を維持することができた"、"国内外の業界の現実を勘案すれば、上半期の実績は相対的に善戦した"と自評した。

さらに、"2019年末比、全体負債は425億ウォンが減り、負債比率も2019年末200.3%から175.8%に下がり、財務状況が持続的に改善されている"と付け加えた。 ただし、最近、受注不振で、昨年同期対比利益率は減少した。

大宇造船海洋の関係者は"諸般の経営環境要素を考慮すると、下半期は厳しい時期になるものと予想される"ながら、徹底的な対策を立てることとともに、積極的な受注活動に仕事の確保に最善を尽くす"と述べた。
top