ポスコケミカル、電気車バッテリー陽極材の工場増設…グローバル電気車市場の先取り布石

박수정 기자

登録 : 2020-09-01 15:27 | 修正 : 2020-09-01 15:27

[ポスコケミカル、電気車バッテリー陽極材の工場増設…グローバル電気車市場の先取り布石]



ポスコケミカルは次世代バッテリーの素材であるNCMA(ニッケル・コバルト・マンガン・アルミ)陽極材の光陽(クァンヤン)工場の3段階拡張建設工事を開始したと31日、明らかにした。 陽極材の増設を通じて、急成長するグローバル電気車市場で機会を先取りするという計画だ。

この工事は1回の充電時、500キロ以上走行できる3世代電気自動車バッテリーに使用されるNCMA(ニッケル・コバルト・マンガン・アルミ)陽極材を計3万t規模で生産するためのものだ。 計2895億ウォンが投資され、2022年の稼働を目標とする。

NCMA陽極材は従来のハイニッケルNCM陽極材にAl(アルミニウム)が添加された陽極材で、電気車の走行距離を増やすために必ず必要な素材だ。 大容量バッテリーの具現が可能ながらも、安定性や出力を高め、価格は下げることができる。

ポスコケミカルは今回の3段階の増設が完了すれば、陽極材の生産能力を従来の年間生産量4万tから7tに増やすことになる。 陽極材の7万tは60kWh(キロワットアワー)級の電気車バッテリー84万台あまりに供給できる量だ。

ポスコケミカルは2018年8月から光陽のユルチョン産業団地にサッカー競技場20つ分(16万5203㎡)のハイニッケル陽極材の工場を段階的に造成中である。
top