​朴日平LG電子社長"パンデミック時代、家の新たな潜在力を確認すべき"

박수정 기자

登録 : 2020-09-04 11:58 | 修正 : 2020-09-04 11:58

[​朴日平LG電子社長"パンデミック時代、家の新たな潜在力を確認すべき"]



LG電子が欧州最大の家電展示会「IFA 2020」で、コロナ19が繰り上げたニューノーマル時代に合う「家」の新しい役割について照明した。 朴日平(パク・イルピョン)LG電子CTO(最高技術責任者)社長は安心、便利、面白さなど3つの価値を極大化し、良い暮らしを提供するというビジョンを提示した。

朴社長は3日、ドイツ・ベルリンで開幕した「IFA 2020」で、「家で良い暮らしが始まります(Life's Good from Home)」をテーマにプレスコンファレンスを進めた。

ホログラム映像で登場した朴社長は"コロナ19に接している私たちは家に対する新たな潜在力を確認し、変化しなければならない状況にある"、"「ライフスタイルイノベーター(Lifestyle Innovator)」として革新を先導する中、顧客に安心して便利で面白い「良い暮らし」に向けて絶え間ない変化を作っていく"と強調した。

安心できる健康な暮らしの例示ではLG電子のスチーム家電を紹介した。 スタイラー、乾燥機、食器洗浄機などは差別化された「トルースチーム(TrueSteam)」技術を適用した。 水を100度(℃)に沸かして作るトルースチームは殺菌、奪取などに効果的だ。

面白さの面ではOLED TVを紹介した。 OLED TVは自ら光を出し、正確なブラックを具現し、繊細に表現するのが特徴だ。 周辺の明るさやコンテンツのジャンルによって、最適の画面を提供する「ドルビービジョン(Dolby Vision)IQ」、監督が意図した味わいと雰囲気を生かす「フィルムメーカーモード」などの機能はより実感できる画面を楽しめるようにしてくれる。

LGシンキューアプリは2017年に初めて発売されて以降、絶えず進化し、新しい顧客経験を提示している。 昨年からは家電製品を最適の状態で管理してくれるプロアクティブサービスを支援している。 このサービスは人工知能技術をもとに、製品の作動状態を分析し、予想される故障を事前に感知して教えてくれる。

朴社長は非対面サービスを提供できるCLOiロボットについても言及した。

彼は"ロボットが人同士の相互作用を代わりにする効率的な代案になるだろう"とし、"オープンソースロボット運営体制(ROS2)と互換されるLG CLOiプラットフォームをベースに、LG電子ロボットが動作するようにするだろう"と述べた。

LG電子は自律走行、ロボット知能のような核心技術を備えたLG CLOiプラットフォームがロボットの生態系を拡大し、製品の開発期間を短縮し、ロボット事業が成長するのに原動力となることを期待している。

遠隔で健康を管理できる技術の現状も説明した。

朴社長は"人工知能を通じ、顧客はもっと簡単かつ正確に24時間ずっと健康状態をモニタリングすることができるだろう"とし、"最近、ソウル大学病院とともに、慢性疾患者の状態を管理するプロジェクトを成功的に進めた"と明らかにした。

同日のコンファレンスコールではリアルタイムでドイツ現地と京畿道板橋に造成したシンキューホームを連結した。 シンキューホームはLG電子が差別化されたエネルギーソリューションを含め、自宅内の主要機器を管理するスマートホーム統合ソリューションを構築した空間だ。
top