[イ・グムリョンのコラム] 新型コロナウイルスパンデミックの成績表

양정미 기자

登録 : 2020-09-09 10:50 | 修正 : 2020-09-09 10:57

[写真・執筆=KOGLO.COMのイ・グムリョン会長]


新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が始まってから9ヶ月が経った。発病初期には世界から賛辞を送り、韓国の診断キットを送ってほしいという首脳同士の要請も受けた。しかし、世界的な対処模範国である大韓民国が今、社会的隔離置き(ソーシャル・ディスタンシング)の第2.5段階実施で苦しんでいる。特に自営業者らの困難は耐えられる水準を超えている。今年7月、全経連朝食会で有名コンサルティング代表は、コロナレースで短期的には高く評価されるだろうが、長期的には韓国に高い点数をつけるのは難しいと主張した。

それなら、企業がコロナパンデミックという未曾有の状況に対応し、どのような成績表を出したのかをみてみよう。

企業の成績表は、米国の場合、従来のデジタル企業であるアップル(時価総額2400兆ウォン)、アマゾン(時価総額1950兆ウォン)が疾走しており、エンビディア(時価総額370兆ウォン)とZoom(時価総額124兆ウォン)が新たな強者として浮上している。結局、コロナインパクトは非対面デジタル時代を早めることになり、このような新しい時代を加速させるプラットフォームやテック企業が成長せざるを得ない仕組みである。

大韓民国でもコロナの成績表が続々と出ている。米国と同様に伝統のオフライン流通企業が崩壊し、クーパン、マーケットカーリー、配達の民族などが好況を享受している。伝統的なデジタル企業のネイバー(時価総額54兆ウォン)が上昇し続けており、設立10年目のカカオ(時価総額34兆ウォン)が伝統的な現代自動車(時価総額36兆ウォン)を追撃している。さらに、コロナワクチンの開発に拍車をかけているセルトリオン(時価総額41兆ウォン)はバイオ テクノロジー関連企業としてトップの座についた。また世界的な診断試薬メーカーに成長したシージェンは伝統的な東亜製薬・有限洋行・韓米薬品を抜き、時価総額6兆ウォン以上の企業として急成長した。

最も成績が良い人物には、ビッグヒットエンターテインメントのパン・シヒョク代表とLG生活健康のチャ・ソクヨン副会長を挙げることができる。ビルボードシングルチャート1位を獲得したビッグヒットエンターテインメントは現在、上場を控えており、上場後の企業価値が6兆ウォンに達すると予想される。これはSM、JYP、YGの3社の時価総額の2倍に近い規模だ。

BTSはもともとユーチューブをはじめとするSNSベースの会社であるが、2019年の売上高5879億ウォン、営業利益975億ウォンから2020年上半期には公演収入がほとんどない状況でも上半期の売上高が2940億ウォン、営業利益は497億ウォンを記録し、前年と変わらない実績をあげ、驚くべき底力を発揮した。

従来の産業群で最も良い成績を収めたのは断然LG生活健康のチャ・ソクヨン副会長だ。化粧品業界の王者であり、75年の歴史を持つアモーレパシフィックの昨年同期比、今年上半期の売上は22.5%減の1兆6147億ウォン、営業利益は37.5%減の1967億ウォンを記録した。免税店の化粧品の販売が急減したのが決定的だった。しかし、チャ副会長はこのような悪条件の中でも、今年上半期の売上は0.7%減の3兆6795億ウォンとなったものの、むしろ利益は2.1%増の6370億ウォンを記録し、2007年の赴任以来61四半期連続成長という大記録を達成した。どんなに厳しい状況でも、成長するという全天候型経営者(All-Weather CEO)の表象だ。

危機を機会に、また繁栄の礎となる企業や国家が新たな秩序の主人公になり得る。歴史的に残酷なペスト(1347~1352年)を経験し、人口12万の都市が3万に減ったフィレンツェの事例がそれだ。このような暗黒の時期にルネサンス文学の元祖となったボッカチオの『デカメロン』(1351)が発表され、ペストを克服した後には中世のコジックとは全く異なるギリシャ・ローマの彫刻を復活させたアンドレアデルベロッキオ、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチを輩出し、ルネサンスの華やかな花を咲かせた。

著名な歴史学者のアーノルド・トインビー(1889~1975)は、歴史を挑戦(Challenge)と応戦(Response)の繰り返しと規定し「良い環境と優れた民族が偉大な文明を作るのではなく、過酷な環境が文明を生み、人類を発展させる原動力として作用する」と主張した。

コロナパンデミックで暗鬱な時期だが、どこかで新しい歴史発展の車輪を回しているはずの韓国企業に賛辞を送りたい。
 
top