[ムン・ヒョンナムのコラム] テレワークとホームスクーリングの明暗

양정미 기자

登録 : 2020-09-14 10:53 | 修正 : 2020-09-14 10:57

[写真・執筆=淑明女子大学経営専門大学院のムン・ヒョンナム主任教授(人工知能国民運動本部共同議長)]

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)パンデミック(世界的な流行)で在宅勤務(テレワーク)がグローバルなニューノーマル(New Normal)になっている。まず、先進国の企業を中心にテレワークが急速に広がっており、国内(韓国)企業も影響を受けるとみられる。米国でテレワークを実施している一部の企業は、最近、年末または来年末までテレワークを延長することにした。会社員は職場に行けず家で勤務し、学生は学校に行けず家で勉強する。このため、学生たちのホームスクーリングも増える見通しだ。

マイクロソフトなど多数の企業が年末まで、アマゾンが当初10月までと予告していた本社のテレワーク政策を来年1月まで延長した。アップルは2020年末まで支店の閉鎖を続けるという。一方、アップルなど他のIT企業も2020年末まで社員がテレワークをすると予測している。グローバルSNS企業のフェイスブックやツイッター、企業向けメッセンジャー会社のスラックは、希望すれば退職するまでテレワークができるようにした。

グーグルとウーバーは最近、自発的テレワーク指針を少なくとも来年夏まで延長すると発表し、自動車メーカーのフォードは去る7月、米国内の社員に来年末までテレワーク選択を許可した。米クレジットカード会社のアメリカンエクスプレス(アメックス)はテレワーク指針を来年6月まで延長することにした。ツイッター、フェイスブック、スクエア(Square)は希望する職員に無期限テレワークを許容し、米国の多くの企業がコロナ19事態が沈静化した後もテレワーク延長を考慮しているという。

ツイッターは、希望する社員は一生テレワークをしてもいいと明らかにした。ツイッターの最高経営責任者(CEO)であるジャック・ドーシー氏は去る5月12日、社員らにメールを送った。 コロナ19事態が終わった後もテレワークをしたい人は引き続き自宅で働いてもいいという内容だった。ツイッターはコロナウイルスが拡大し、3月初めから世界中の社員を対象にテレワークをしてきた。テレワークに必要な物品購買費、ネットワーク利用料、子どものケア費用なども支援した。ところが、出勤が可能になっても退職までテレワークできる機会を与えると発表したのだ。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOもツイッターと似たような方針を打ち出した。2020年5月21日、社員との週間テレビ会議で「10年にわたり会社の運営方式をテレワーク中心に変える」と明らかにした。初期には一部のエンジニアにのみ遠隔勤務を許容し、以後、他の社員にも家で働く機会を与えるという。ザッカーバーグ氏は「10年以内にフェイスブックの社員の半分がテレワークをするとみられる」と述べた。

今年4月にMITが米国人2万5000人を対象に実施した調査で、34.1%がコロナ19のせいでテレワークに変更したと答えた。回答者の14.6%はコロナ19が拡大する前からテレワークをしていたため、総労働人口の48.7%がテレワークをするという意味だ。市場調査機関であるギャラップのパネル資料によると、テレワーク労働者の割合は3月中旬の31%から4月末には63%に上昇した。

急激に拡大したテレワークは、解決する問題点も抱えている。世界の多くの企業がテレワークへの大転換を開始し、コロナ19以前のテレワーク形態に戻ることは難しいという認識が広がり、欧州諸国や米国は勤務時間以外には「つながらない権利」も含め、テレワークをする際に労働者が保護される案を研究している。パンデミック以降、「つながらない権利」が注目されるのは、特にテレワークをする場合、業務時間の区分がなくなりやすいからだ。

米国や欧州などの先進国では、IT企業から始まったテレワークがさまざまな業種に広まっている。韓国では一部の企業と公共機関がコロナ19の拡大によって一時的にテレワークをしているが、それほど活性化していない。しかし、テレワークが新たなグローバルトレンドであり、ニューノーマルとして定着すると予想され、韓国の国内企業や会社員らもテレワークへの準備をしなければならない見通しだ。テレワークがきちんと成果を出すためには、技術的な裏付けだけでなく、法・制度・社会・文化的な補完も伴わなければならない。テレワークは長所と短所が共存するので、長所をよく生かし、短所を補完する案を模索しなければならないだろう。

会社員は職場に行かず自宅で勤務するテレワークが増えており、学生たちは学校に行かず自宅で勉強する非対面(アンタクト)教育とホームスクーリングが拡大している。コロナ19で非対面教育が浮上し、移動通信(移動体通信事業者)3社はオンライン教育市場への攻略を強化している。韓国の移動通信会社各社がオンライン上教育市場の攻略に力を入れているのは、コロナ19の影響で遠隔教育市場が急成長しているためだ。教育産業のマーケットリサーチを専門とするホロンIQ(Holon IQ)によると、全世界のエデュテック市場は今年2270億ドル(約270兆ウォン)規模から2025年には4040億ドル(約479兆ウォン)規模へと急成長するものと予想される。2025年の市場展望値はコロナ19拡大以前の推定値より630億ドル(約75兆ウォン)も増えた数値だ。

学生たちは塾にも通えない状況が続き、ホームスクーリングが増えざるを得ない。ホームスクーリングも従来の教科目中心から脱し、創意力や人性教育へと拡大される見込みだ。ホームスクーリングに対する需要は大幅に増えるものと予想されるが、まだコンテンツが不足しているため、良い教育コンテンツの開発が急がれる状況だ。教育コンテンツにバーチャルリアリティ(VR)と拡張現実(AR)および5Gをうまく組み合わせれば、実感型コンテンツとしての教育成果が大きく増大する可能性がある。コロナパンデミックは様々な分野に多くの変化をもたらすが、その中でも会社員の勤務形態と学生たちの勉強方式の変化は、私たちの周りにすぐにでも起こる大きな変化であるだけに、企業と会社員、学校と学生や親たちはこれに対する徹底した備えが必要だ。
top