​LS電線アジア、ベトナム電力市場で相次いで大型受注

박수정 기자

登録 : 2020-09-16 12:02 | 修正 : 2020-09-16 12:02

[​LS電線アジア、ベトナム電力市場で相次いで大型受注]



LS電線アジアがベトナム電力市場で大型受注を相次いで獲得している。 15日、LS電線アジアはベトナムの子会社であるLS-VINAがベトナム南部のブンタウ・ロンソン島の大規模な石油化学工場建設プロジェクトに電力ケーブルを納品すると15日、明らかにした。 当該プロジェクトの総受注規模は4000万ドル(約475億ウォン)だ。

LS-VINAはこのうち、約30%の143億ウォン分のケーブルをEPC(engineering procurement construction)会社に昨年から供給してきた。 LS電線アジアは今後、約65%の309億ウォン規模の物量を追加で納品する計画だ。 総受注規模の95%の約452億ウォンに達するケーブルをLS-VINAが単独で納品するわけだ。

LS-VINAは前にもベトナム・ギソン火力発電所プロジェクトに2回にわたって、計712億ウォン規模のケーブルを受注したことがある。
top