現代自グループ、2年4ヵ月ぶりに時価総額100兆ウォン回復…水素自動車への期待感

박수정 기자

登録 : 2020-09-21 14:07 | 修正 : 2020-09-21 14:07

[現代自グループ、2年4ヵ月ぶりに時価総額100兆ウォン回復…水素自動車への期待感]



現代(ヒョンデ)自動車グループが2年4ヵ月ぶりに上場会社基準で時価総額(普通株基準)が100兆ウォンを回復した。

21日、韓国取引所などによると、17日の終値基準の現代自グループ12社の上場系列会社全体の時価総額は100兆2272億ウォンと集計された。

現代自(39兆3149億ウォン)、現代モービス(23兆32億ウォン)、起亜自動車(19兆6601億ウォン)など3社の時価総額合計がグループ全体の80%を上回っている。

現代自グループの時価総額が100兆を回復したのは2018年5月14日(100兆3402億ウォン)以来、2年4ヵ月ぶりだ。

2011年末の時価総額が130兆ウォンに迫った現代自グループはその後、現代自動車と現代モービス、起亜自の実績が市場の期待に応えられなく、グループ全体の規模も次第に減少した。

今年の年中最低値(3月19日)には45兆2621億ウォンにまで減少した。

現代自グループの時価総額の上昇の背景には水素・電気自動車会社への成長性が挙げられる。 最近、現代・起亜自は内燃機関車のイメージから脱皮し、水素・電気自動車会社への転身を試みている。

現代自の場合、証券会社が相次いで目標株価を20万ウォン以上に高めている。

未来アセット大宇のキム・ミンギョン 研究員は"来年、プラットフォームベースの電気自動車新車が用意されている企業はテスラとフォルクスワーゲン、現代自動車だけ"とし、"来年のグローバル電気車の予想販売量は19万台で、今年より2倍成長するだろう"と展望した。
top