与党、北朝鮮の「蛮行」に強く非難・・・軍、「すべての責任は北側にある」

양정미 기자

登録 : 2020-09-24 17:14 | 修正 : 2020-09-24 17:14

[写真=聯合ニュース(24日、小延坪島付近で行方不明になった公務員と関連し、立場文を発表しているアン・ヨンホ合同参謀作戦本部長)]


北朝鮮軍が海上で韓国人男性を銃撃後に焼却した問題で、共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表は24日、「非武装の民間人に意図的な銃撃を加え、遺体を燃やした行為はいかなる理由でも容認できない蛮行」とし、強い遺憾を表明した。

李代表は「今回の事件は南北の首脳が合意した『板門店宣言』と『平壌共同宣言』の精神に反し、南北関係の発展と朝鮮半島の恒久的な平和定着を期待する国民の期待を裏切る行為」であると、北朝鮮側の対応を強く非難した。また「わが党は北のこうした蛮行を強く糾弾し、反人倫的な行為に対する謝罪と責任者の処罰を強く求める」と述べた。

一方、これに先立ち、国防部は24日に記者会見を行い、韓国北西部の小延坪島付近の海域で、韓国海洋水産省に所属する漁業指導船の乗組員が行方が分からなくなったあと、北朝鮮側の海域で発見されたものの、駆けつけた北朝鮮軍によってその場で射殺されたと明らかにした。

国防部によると、今月21日、北朝鮮に近い小延坪島付近の海域で、取締りに当たっていた韓国海洋水産部に所属する漁業指導船から、乗組員の40代の男性の行方が分からなくなった。捜索していた韓国軍は、22日になって生存している男性を北朝鮮側の海域で発見したが、駆けつけた北朝鮮軍によってその場で射殺され、遺体は焼かれたという。

軍は「すべての責任は北側にある」とし、北朝鮮側の対応を強く非難するとともに、詳しい説明と責任者の処罰を求めた。
top