KT、5G基盤の自律走行可能な無人フォークリフトを披露する

박수정 기자

登録 : 2020-09-25 16:11 | 修正 : 2020-09-25 16:11

[KT、5G基盤の自律走行可能な無人フォークリフトを披露する]



KTが現代建設機械とともに、5G基盤の自律走行と作業が可能な無人フォークリフトを披露する。 無人フォークリフトは危急状況に音声で緊急制御が可能で、拡張現実(AR)技術を活用し、簡単な問題は現場で措置することができる。

KTは現代建設機械とともに、24日、全羅北道群山(グンサン)の現代建設機械工場で、5G基盤の無人フォークリフト融合技術の共同開発に向けて実証事業の成果発表会を開催したと明らかにした。

両社は5月、5Gスマート建設機械・産業車両プラットフォームの共同開発と事業化に向けた業務協約を結んだ。 以後、5G、人工知能(AI)、ビックデータ(Big Data)、クラウド(Cloud)などICTを基盤に、デジタル革新(DX、Digital Transformation)事業化に向けた実証事業を推進した。

今回の行事で、両社は共同開発した△5G基盤の無人フォークリフトの遠隔管理制御技術 △AI基盤の無人フォークリフト緊急音声制御機能 △3次元無人フォークリフトの測位ソリューション(3Dスラム)機能 △AR基盤の遠隔支援ソリューションなどを試演した。

まず、クラウドで提供されるKTの統合モビリティプラットフォームを融合し、無人フォークリフトを遠く離れたところでも運用したり、制御することができる。 また、緊急状況が発生した時、音声や音響で制御することができ、安全性を高めた。 このため、工場の騒音でも聞きたい音だけを選別的に判別するソマーズサウンドAI技術を適用した。

3次元ライダー(LiDER)に基盤した室内測位ソリューションは無人フォークリフトが安定的に走行して、作業が可能にした。 さらに、KT ARプラットフォームは無人フォークリフトに問題が発生すれば、ARグラスを使った作業者(現場)が遠く離れたところの管理者(管理センター)の指示を受け、問題を解決することができるように手伝ってくれた。

今回の行事は現代建設機械が国内で初めて商用化に成功した自律走行無人フォークリフトにKTのICTの力量を融合させ、効率性を一層押し上げたという意味がある。 両社はこれまでの成果をもとに、5G基盤のスマート建設機械や産業車両のプラットフォーム開発に拍車をかける方針だ。

一方、KTと現代重工業グループは今年、「AI 1等国家」を目標に発足した産学官協議体であるAI One Teamに一緒にしている。 これと共に、知能型サービスロボット、スマートファクトリー、スマート製造・物流、スマート病院など多様な分野で、デジタルの革新に向けて協力している。
top