8月の財政赤字96兆ウォン・・・コロナ対応で支出急増

양정미 기자

登録 : 2020-10-12 15:30 | 修正 : 2020-10-12 17:50

[写真=聯合ニュース(企画財政部)]


8月の韓国の財政赤字が96兆ウォンに達した。昨年同月より税金が多く徴収されたものの、補正予算の執行などで財政支出が増えた。

企画財政部が12日に発表した「2020年10月の財政動向」によると、1~8月の実質的な財政状態を示す管理財政収支は96兆ウォンの赤字で、赤字規模が1年前より46兆5000億ウォン増加した。

管理財政収支は今年に入って毎月過去最大の赤字を更新している。1~8月の管理財政収支の赤字は1~6月(110兆5000億ウォン)より減少したが、依然として100兆ウォンに迫る。

統合財政収支(総収入-総支出)の赤字は70兆9000億ウォンで、前年同期比48兆5000億ウォン増えた。

8月だけを見ると、統合財政収支は4兆7000億ウォンで、1ヵ月前より14兆4000億ウォンが増えた。管理財政収支は2兆1000億ウォンで、前月より12兆4000億ウォン増加した。

企財部は「雇用ショック対応などのための総支出増加に比べ、税制政策支援納付効果などによる総収入増加が大きく表われ、収支が黒字を記録した」と説明した。

1~8月の総収入は317兆8000億ウォンを記録し、前年同期比8兆8000億ウォン減少した。8月の総収入の場合、37兆4000億ウォンで1年前より4兆8000億ウォン増えた。国税収入(3兆8000億ウォン)と税外収入(3000億ウォン)、基金収入(6000億ウォン)がいずれも増えた。

国税収入の累計は192兆5000億ウォンで、前年同期比17兆ウォン減少した。1年前に比べて法人税が14兆6000億ウォン少なく、付加価値税も4000億ウォン減少した。所得税は2000億ウォン増えた。

企財部は8月末の税制政策支援による納期延長分残額(-4兆9000億ウォン)と勤労・子供奨励金の早期支給累計額(-2兆6000億ウォン)などの税制政策支援の効果を考慮すれば、実際8月の累計税収は前年比9兆5000億ウォン減少したと推定される。

8月の1ヵ月だけを見ると、国税収入は24兆ウォンで、昨年同月より3兆8000億ウォン増加した。前月に比べて税収が2ヵ月連続で増えた。

所得税は1年前より3兆2000億ウォン増加した。所得層への支援のために1ヵ月繰り上げて1兆9000億ウォン規模の勤労・子女奨励金を支給したにもかかわらず、洗浄支援のうち4兆3000億ウォンの一部納付が行われた影響だ。

法人税は前年同期比9000億ウォン減少した。今年上半期のコロナ19による企業業績悪化で中間予納が減ったためだ。中間予納は、前年度の法人税の半分または今年上半期の実績の中間決算の中から選択することができる。

付加価値税は8月の輸出減少による付加価値税払い戻し減少などで5000億ウォン増えた。

また罰金・課徴金などの過料と弁償金、国庫補助金返還などを含めた8月の税外収入は1兆6000億ウォンで、1年前より3000億ウォン増加した。金融機関・民間機関向け融資の元金回収実績などの基金収入は11兆8000億ウォンで、昨年同月より6000億ウォン多く徴収された。

8月の予算支出は21兆3000億ウォンで、1年前より2000億ウォン増えた。基金支出も11兆4000億ウォンで、前年同期比1兆8000億ウォン増加した。

1~8月の予算支出は277兆2000億ウォンで昨年同月より32兆1000億ウォン増加し、同期間の基金支出は111兆4000ウォンで18兆2000億ウォン増えた。

8月の総支出は32兆7000億ウォンで、1年間で2兆ウォン増加した。8月の累計は388兆7000億ウォンで、前年同期比39兆8000億ウォン増加した。

中央政府の国家債務は794兆1000億ウォンと集計された。第3次補正予算の執行などで前月対比13兆1000億ウォン増えた。国庫債券の残高が12兆8000億ウォン、国民住宅債券の残高が3000億ウォン増加した。

中央部処(省庁)と公共機関の今年の早期執行管理対象事業308兆8000億ウォンのうち、8月までに233兆2000億ウォンが執行され、年間計画対比75.5%水準となった。
 
top