先月、銀行の家計向け融資9兆6000億ウォン増加・・・9月基準の最大幅

양정미 기자

登録 : 2020-10-13 12:48 | 修正 : 2020-10-13 12:48

[写真=亜洲経済]


先月、銀行の家計向け融資は10兆ウォン近く増加し、9月基準で最大の増加幅を記録した。住宅ローンとチョンセ(伝貰)融資の増加規模が前月より拡大した上、相次ぐ公募株申請で借金を抱える信用貸出の増加傾向も続いた。

13日、韓国銀行が発表した「9月中の金融市場の動向」によると、先月の銀行の家計向け融資残高は957兆9000億ウォンを記録し、前月比9兆6000億ウォン増加した。過去最大の増加幅を記録した今年8月(11兆7000億ウォン)よりは小幅縮小したものの、引き続き増加している。

先月の個人向け融資の増加規模(9兆6000億ウォン)は、今年8月に続き過去2番目の規模を記録した。これは、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態で企業の資金需要が急増した今年3月(9兆6000億ウォン)と同じ水準だ。9月基準では2004年統計を取り始めて以来、最も大きい。

部門別では、住宅ローンと信用貸出がいずれも9月基準で最大幅の増加となり、家計貸出の増加傾向を牽引した。

住宅ローンは6兆7000億ウォンが急増し、8月(6兆1000億ウォン)より増加規模が拡大した。チョンセ資金融資も、8月(3兆4000億ウォン)より多い3兆5000億ウォンが増加し、2017年に関連統計を取り始めてから2番目に大きな上げ幅を記録した。

韓銀のユン・オクジャ市場総括チーム課長は、「6~7月に住宅売買が多かったが、住宅ローンは契約後2~3カ月ほど時差を置いて所有権移転と同時に実行される場合が多く、9月に融資が大幅に増えた」とし、「チョンセ融資の増加はチョンセ価格上昇が要因となった」と説明した。

信用貸出を含むその他の融資は3兆ウォンが増えた。カカオゲームズやビッグヒットエンターテインメントの公募株請約のために貸し出しを利用して投資を続けた影響と分析される。ただ、秋夕(チュソク)ボーナスの流入や金融当局の信用貸し出し管理などの影響で、増加幅は8月(5兆7000億ウォン)に比べて鈍化した。

先月、企業向け貸出は5兆ウォン増加し、前月(5兆9000億ウォン)より増加規模が縮小した。大手企業向け貸出は、四半期末の一時返済や運転資金需要の減速などで2兆3000億ウォン減少した。一方、中小企業向けの貸出は、企業の資金需要が増え、政策金融機関の金融支援が続き、増加幅(7兆3000億ウォン)が前月(6兆1000億ウォン)に比べて拡大された。
top