ウーバー、SKテレコムとモビリティ合弁法人の設立…計1725億ウォン投入

박수정 기자

登録 : 2020-10-17 00:54 | 修正 : 2020-10-17 00:54

[ウーバー、SKテレコムとモビリティ合弁法人の設立…計1725億ウォン投入]



ウーバーがSKテレコムと提携し、国内モビリティ事業に再挑戦する。

ウーバーはSKテレコムから年内に分社する「Tマップモビリティ(仮称)」と提携し、合弁法人を設立すると16日、明らかにした。

ウーバーは合弁法人に1億ドル(約1150億ウォン)を投資し、Tマップモビリティには約5000万ドル(約575億ウォン)を投資する。

先立って、SKテレコムとウーバーはタクシー呼び出しのようなe-hailing共同事業に向けた合弁法人を来年上半期に設立することに合意した。

合作法人はTマップモビリティが持ったTマップタクシードライバー、指導・車両通行分析技術とウーバーの全世界的な運営経験、プラットフォーム技術を通じて、タクシー呼び出し事業を展開するものと見られる。
top