李健煕サムスン会長死去…享年78歳

박수정 기자

登録 : 2020-10-25 14:41 | 修正 : 2020-10-25 14:41

[李健煕サムスン会長死去…享年78歳]



李健熙(イ・ゴンヒ)サムスングループ会長が25日、死去した。

サムスングループによると、李会長は同日、ソウル逸院洞(イルウォンドン)のソウルサムスン病院で死去した。

2014年5月、急性心筋梗塞症でソウル梨泰院洞の自宅で倒れた後、6年ぶりだ。

1942年に生まれた李会長は父親の李秉喆(イ・ビョンチョル)サムスン創業主の死去以降、1987年にサムスングループの2代会長になり、サムスングループを率いた。

遺族には夫人の洪羅喜(ホン・ラヒ)前リウム美術館長、息子の李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長、娘の李富眞(イ・ブジン)ホテル新羅社長、李敍顯(イ・ソヒョン)サムスン福祉財団理事長、婿の金載烈(キム・ジェヨル)サムスン経済研究所社長がある。
top