李健煕会長、サムスンの売上高39倍成長…「世界のサムスン」に

박수정 기자

登録 : 2020-10-25 14:50 | 修正 : 2020-10-25 14:50

[李健煕会長、サムスンの売上高39倍成長…「世界のサムスン」に]



李健煕(イ・ゴンヒ)サムスングループ会長は1987年の就任後、サムスンを韓国のサムスンから世界のサムスンに成長させた。 就任当時、10兆ウォンだったサムスンの売上高は2018年は約39倍増えた387兆ウォンを記録した。

25日、サムスングループによると、李会長はサムスングループを外形的に成長させた。

就任当時、10兆ウォンだった売上高は2018年、387兆ウォンに約39倍増え、利益は2000億ウォンから72兆ウォンに259倍増加した。

株式の時価総額は1兆ウォンから396兆ウォンに、396倍も増加した。

役員・職員の数も1987年10万人から2018年52万人に、約5倍増えた。

李会長は外見的な成長のほかにも、先進経営システムを導入した。 1993年、李会長は「サムスン新経営」を宣言し、経営関連の全部門にわたって革新を推進した。

新経営哲学の核心は現実に対する明確な認識と自己反省を通じて、変化の意志を持って、質中心の経営を実践することである。

これを通じて、最高の品質と最高の競争力を持つ製品やサービスを提供し、人類社会に貢献する世界超一流企業になるというのが目標だ。

まず、李会長は学歴や性別、職種による不合理な人事差別を打破する開かれた人事を指示し、サムスンはこれを受け入れ、「公開採用の学歴制限の廃止」を宣言した。

サムスンはこの時から年功序列人事の基調ではない、能力給制を電撃的に実施した。

事業では1974年、不毛地に他ならない環境で半導体事業に着手した。

以降、絶え間ない技術開発と果敢な投資で、1984年、64メガDラムを開発し、1992年以降20年間、Dラム世界市場の占有率1位を持続達成し、2018年には世界市場占有率44.3%を記録した。

このような占有率の背景には2001年、世界初の4ギガDラムの開発や世界初の64Gb NAND Flash開発(2007)、2010年に世界初の30ナノ級4ギガDラムの開発と量産、2012年に世界初の20ナノ級4ギガDラムの量産などがあったという評価だ。
top