サムスン電機、3四半期の営業利益3025億ウォン…前年比60%増加

박수정 기자

登録 : 2020-10-26 11:47 | 修正 : 2020-10-26 11:47

[サムスン電機、3四半期の営業利益3025億ウォン…前年比60%増加]



サムスン電機が積層セラミックコンデンサー(MLCC)とカメラモジュールの需要増加で、市場の期待はるかに上回る「サプライズ業績」を発表した。

MLCCはサムスン電機の代表製品で、「電子産業のコメ」と呼ばれる。 電子回路で信号を伝達・処理し、回路の誤作動を防止する役割をする部品だ。

サムスン電機は3四半期、連結基準で売上2兆2879億ウォン、営業利益3025億ウォンを記録したと26日、明らかにした。 前年同期比の売上げは3%(720億ウォン)増え、営業利益は60%(1133億ウォン)増加した。 証券街ではサムスン電機の今年3四半期の営業利益を2561億ウォンと推定した。

サムスン電機は情報通信(IT)・電装市場の需要の回復と歩留、設備効率の改善を通じて、コンポーネント、モジュール、基板など全事業部門の業績が前期比改善されたと説明した。

特に、前年同期比は小型・高容量MLCC、モバイルアプリケーションプロセッサー(AP)用及び薄板中央処理装置(CPU)用パッケージ基板など高附加製品の販売拡大で、営業利益が増加したと説明した。

部門別には、コンポーネント部門が売上は9832億ウォンを達成した。 主要スマートフォン取引先の新モデルの発売で、小型・高容量などハイスペックMLCCの販売が拡大された。 また、電装市場の需要回復で、電装用MLCCの供給が増え、前期比17%、前年同期比20%増加した。

モジュール部門は3四半期に8527億ウォンの売上を記録した。 主要スマートフォン取引先の新モデルの発売で、高性能カメラモジュールの供給が増加し、前期比41%増加したが、スマートフォン市場の全体的な需要の減少により、前年同期比9%減少した。 サムスン電機は今後、フラッグシップスマートフォン向け高性能カメラモジュールと普及型スマートフォンのハイスペックカメラモジュールの販売を拡大するという計画だ。 また、3四半期に量産を開始した5世代移動通信(5G)ミリメートル波(mmWave)用アンテナモジュールの取引先を多角化する予定だ。

基板部門の3四半期の売上は4520億ウォンで、前四半期比23%増加したが、前年同期比1%減少した。 モバイルAP用や薄板CPU用パッケージ基板と有機発光ダイオード(OLED)用のリジッドフレキシブル 印刷回路基板(RFPCB)の新モデル供給で、前四半期対比の売上が増加した。

サムスン電機は4四半期にもIT用の高付加価値製品および電装用を中心に需要が増え、売上成長の勢いが続くものと展望した。

サムスン電機の関係者は"4四半期はIT用および電装用MLCC、パッケージ基板などの市場需要が堅調するだろう"とし、"これによって、高付加MLCC、5Gアンテナ用及びモバイルAP用パッケージ基板の供給を拡大する方針"と述べた。
top