現代ウィア、ESG評価で統合A等級獲得…"共存経営の実践"

박수정 기자

登録 : 2020-11-04 15:46 | 修正 : 2020-11-04 15:46

[現代ウィア、ESG評価で統合A等級獲得…"共存経営の実践"]



現代ウィアは韓国企業支配構造院の今年の上場企業の環境・社会・支配構造(ESG)評価で、統合A等級を受けたと4日、明らかにした。

環境部門でA、社会責任部門でA+、支配構造部門でA等級を受け、国内の自動車業界で最も高い水準である統合A等級を獲得した。

現代ウィアは今年の評価で、環境改善に持続的に努力した点を高く評価された。 現代ウィアは工作機械と自動車部品などの生産過程で、汚染物質の排出を大幅に減らした。

さらに、無公害事業場の構築に向けて清浄管理システムを導入し、事業場はもちろん、地域社会の環境汚染を最小化した。 特に排水、大気汚染などすべての環境分野で法的基準値よりさらに厳しくした基準を適用し、環境目標を達成した。

現代ウィアは事業場近くの小学校を「現代ウィア・グリーン学校」に指定し、通学路に森を造成する事業もしている。 また、「1社1河川キャンペーン」で、に本社が位置した慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)市の河川浄化と生態系かく乱植物の除去などをしている。

また、役員・社員が自発的に毎年8億ウォンの基金を集め、貧しい隣人に寄付する「1%の奇跡」など社会貢献活動を地道に展開してきた点も高い評価を受けた。

会社関係者は"グローバル企業として持続可能な発展と社会的責任の履行に向けて日々努力する"と述べた。
top