ハンファ、3四半期の営業利益6361億ウォン…防衛産業・火薬のおかげで2四半期連続の好結果

박수정 기자

登録 : 2020-11-15 10:15 | 修正 : 2020-11-15 10:15

[ハンファ、3四半期の営業利益6361億ウォン…防衛産業・火薬のおかげで2四半期連続の好結果]



(株)ハンファは13日、公示を通じて、連結基準、今年3四半期の営業利益が6362億ウォンで、昨年同期より64.07%増加したものと暫定集計されたと明らかにした。

売上は11兆6724億ウォンで、昨年同期対比10.06%減少した。 純利益は4103億ウォンで、36.61%増えた。

ハンファグループの持株会社格である(株)ハンファは新型コロナの影響にもかかわらず、独自事業と金融、油絵、防衛産業分野の主要子会社の実績の好調に支えられ、前期(513億3400万ウォン)に続いて、2四半期連続の営業利益が市場予測値を大きく上回ったと会社側は説明した。

防衛産業と火薬などの事業は営業利益が昨年同期比82.6%増加した。 ハンファソリューションはケミカル部門の収益性の改善で、ハンファ生命保険は投資収益の増加と損害率の改善、ハンファ・エアロスペースは防衛産業子会社の成長の勢いを受け、良好な実績を収めた。

ハンファは新型コロナの不確実性が存在するが、防衛産業・火薬などの事業とハンファソリューションの太陽光実績の改善などに支えられ、4四半期にも業績好調が続くものと見込んでいる。

ハンファ関係者は"これから4次産業とグリーンニューディール関連事業をさらに強化し、系列会社の新事業を拡大し、中長期の成長動力の確保に力を入れる"と述べた。
top