斗山重工業、韓国西部発電とラオス水力発電の共同開発

박수정 기자

登録 : 2020-12-01 13:48 | 修正 : 2020-12-01 13:48

[斗山重工業、韓国西部発電とラオス水力発電の共同開発]



斗山重工業は韓国西部発電とラオスのPhou Ngoy水力発電事業の開発に向けた協約を締結したと30日、明らかにした。

今回の事業はタイのCEWA(Charoen Energy and Water Asia Co.Ltd)がラオス政府と事業開発協約を締結した後、韓国西部発電と共同で推進されている。 8月には韓国海外インフラ都市開発支援工事(KIND)と3者間の投資協約が行われた。

斗山重工業は今回の協約を通じて韓国西部発電とラオスのPhou Ngoy水力事業を共同開発し、水力発電分野の機材の国産化および輸出の販路開拓などに協力することにした。

Phou Ngoy水力発電所はラオス南部のchampassak州Pakse市に728MW規模で建設される。 総事業費は約24億ドル規模だ。 斗山重工業は主要機材の供給と建設を担当する方式で事業を遂行する計画だ。 来年1月、両社が共同で現場調査後、基本設計を遂行し、2022年に建設を始め、2029年に完工する予定だ。
top