大宇造船海洋、純粋な国内技術でディーゼル潜水艦の世界最大の潜航持続能力試験に成功

박수정 기자

登録 : 2020-12-11 12:34 | 修正 : 2020-12-11 12:34

[大宇造船海洋、純粋な国内技術でディーゼル潜水艦の世界最大の潜航持続能力試験に成功]



大宇(テウ)造船海洋は空気不要推進システム(Air Independent Propulsion・AIP)を搭載した国内初の3000トン級潜水艦である島山安昌浩(トサン·アンチャンホ)艦の連続運転試験評価で、ディーゼル潜水艦のうち、世界最長の連続運転に成功したと10日、明らかにした。

今回のAIP運用テストは潜水艦が長期間連続して水中で作戦が可能かどうかを確認する艦の隠密性と生存性に直接関係のある重要なテストだ。 特にAIPは外部からの空気供給が不可能な潜水艦の水中運用環境で、潜航中に電力を生産できるようにしてくれるシステムで、潜水艦の潜航期間を左右する。

島山安昌浩艦のAIPシステムには大宇造船海洋の主管で、国内産研が共同で国産化に成功した潜水艦用燃料電池が搭載された。 大宇造船海洋は体系総合企業で、2008年から国防科学研究所と燃料電池の国産化研究を始め、2014年には燃料電池の開発を完了し、これと関連した戦力変換および制御システムを国産化し、世界最長の運転試験まで実船検証を完了した。

大宇造船海洋が開発した燃料電池システムはドイツに続き、全世界で二番目に開発に成功したもので、3000トン級の中型潜水艦は世界で初めて搭載された。 特に防衛事業庁、国防科学研究所、国防技術品質院と国内の主要部品製作会社のボムハンヒュ―エルセル、KTE、イファ電機、テソン産業ガスなどと密接な協力を通じて開発された製品だ。

大宇造船海洋側は試験完了後、残っている燃料量を基盤と分析した結果、軍が求める作戦性能をはるかに上回る性能を披露したと明らかにした。
top