LGエネルギーソリューション、インドネシアと「バッテリー協力MOU」10.6兆ウォン規模

박수정 기자

登録 : 2020-12-31 15:10 | 修正 : 2021-01-01 15:50

[LGエネルギーソリューション、インドネシアと「バッテリー協力MOU」10.6兆ウォン規模]



LGエネルギーソリューションとインドネシアが最近、了解覚書(MOU)を締結したバッテリー産業協力の規模が98億ドル(約10兆6388億ウォン)に達するものと把握された。

30日、バッテリー業界によると、同日、インドネシアの投資調整庁が記者会見を開き、LGエネルギーソリューション(旧LG化学・電池事業部門)と結んだMOU規模は98億ドルに達すると明らかにした。

同日の記者会見で、インドネシアのBahlil Lahadalia投資調整庁長は今回のMOUが供給網の全般に対する投資を含めていると明らかにした。 彼はLGエネルギーソリューションが現代自など他の会社と協業してインドネシアバッテリー産業に投資できると付け加えた。

彼は"今回の合意で、インドネシアは世界で初めて鉱山の採掘からリチウムバッテリー生産まで電気車バッテリー産業を統合した国家になるだろう"と述べた。

これは18日、ソウルロッテホテルで開かれたバッテリー産業協力MOUの細部内容を公開したのだ。 当時、Bahlil Lahadalia庁長をはじめ、ソン・ユンモ産業相と金ジョンヒョンLGエネルギーソリューションの社長らが出席してMOUを進めた。

MOUの細部内容は公開されなかったが、LGソリューションとインドネシアは今後、ニッケル鉱山採掘、電気車用バッテリーの生産などのための共同施設を建設するものと観測される。

ただ、バッテリー業界ではLGエネルギーソリューションとインドネシアのMOU規模が実際に10兆ウォン以上拡大されるかは未知数だという指摘だ。 当該プロジェクトはインドネシアが急いでおり、LGエネルギーソリューションは一歩後退する形であるためだ。

実際、MOU自体は韓国と包括的経済パートナー協定(CEPA)の正式署名会議のために訪韓したインドネシア政府側の希望で、急いで成立したもようだ。

さらに、インドネシア政府側は記者会見を開き、MOU事項を国民に公開した一方、LGエネルギーソリューションは該当のMOUが拘束力がないと明らかにした。 また、まだ具体的な詳細事項は確定されていないという立場を固守している。

バッテリー業界の関係者は“はっきりとは分からないが、インドネシア側の希望で、やや包括的なMOUが締結されたものとみられる”‘とし、“特に今回のMOUは拘束力がなく、実際に協力が行われるかどうかは確実でない”と述べた。
top