[CES 2021] CESはスタートアップオリンピック・・・K-スタートアップ「投資機会をつかもう」

양정미 기자

登録 : 2021-01-11 09:51 | 修正 : 2021-01-11 14:29

[写真=亜洲経済DB(ユーレカ・パーク)]


世界最大のテクノロジー見本市『CES 2021』はスタートアップ企業が革新的な製品と技術を披露し、投資を誘致できる機会の場である。今年は新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡大の影響でCESがオンラインで開催され、参加するスタートアップ数は昨年より減った。しかし、政府や自治体の支援を受け、スタートアップが団体でCESに参加するトレンドは今年も続いている。

10日、韓国情報通信技術産業協会(KICTA)の集計によると、今月8日に「CES 2021」に参加が確定した韓国企業は340社余りであり、このうちスタートアップ120社余りが含まれた。昨年CESに参加した韓国企業390社のうち、スタートアップ200社が参加したことを考慮すれば、今年、韓国企業の参加率は減少した。ただし、CES主催側である CTA(全米民生技術協会・Consumer Technology Association)が行事開幕前日まで参加会社を引き続き受け入れており、参加する韓国スタートアップ数が小幅に増える可能性もある。

KICTAのイ・ハンボム副会長は、「CESが今年初めてオンラインで開催され、企業の参加率が下がったと分析される」とし「実際『CES 2020』には世界4500社余りの企業が参加したが、今回のCESには2000社余りが参加し、半分にも満たない」と述べた。
 

[写真=聯合ニュース]

中小ベンチャー企業部は今回のCESに「Kスタートアップ館」を設け、97社のスタートアップ企業の参加を支援する。中小企業部は創業振興院、中小ベンチャー企業振興公団、大邱テクノパークなど10の支援機関を通じてヘルスケア、5G、モノのインターネット(IoT)、ロボティクス、人工知能(AI)分野のスタートアップを選抜した。参加企業のうち3社はCES革新賞を受賞した。

ソウル市は『CES 2021』にソウル館を建設し、ソウル所在の15の企業を紹介する。昨年に続き、2年連続の参加だ。スマート交通・環境、スマート安全・福祉、スマート経済・リビングの3分野に分けて15社を選抜した。ソウル市は昨年、CESに20社の参加を支援し、計1629万ドル(約177億ウォン)規模の契約が交わされる成果を上げた。

民間企業のスタートアップ参加支援も続いている。サムスン電子は、計21のスタートアップの参加を支援する。社内ベンチャー育成プログラムである『Cラボインサイド(C-Lab Inside)』の優秀課題4つ、社外スタートアップ支援プログラムの『Cラボアウトサイド(C-Lab Outside)』で育成したスタートアップ17社だ。これはサムスン電子が2016年からスタートアップのCES参加を支援して以来、最も多い数字だ。

ネイバーが投資したスタートアップのアートラボ、VUERONテクノロジー、Mobiltechの6社もCES参加を確定した。

CESはスタートアップ企業が革新的な製品と技術を展示し、投資誘致の機会を模索できる『アイデア実現の場』である。CTAはスタートアップ専用の展示スペースである『ユーレカ・パーク(Eureka Park)』を2012年から運営している。ここでは昨年まで15億ドル(約1兆6000億ウォン)規模のスタートアップ投資が発生した。スタートアップ企業が国家単位で団体参加する場合は厳しい参加条件が多少緩和され、国家別にスタートアップチームを構成して参加するケースが増えている。

中小企業部のキム・ミンギュ技術創業課長は、「CESは世界最大の市場である米国で大韓民国の創業企業の革新性を見せる良い機会」と述べた。
top