SKテレコム、「5G太陽光基地局」でESGに拍車

박수정 기자

登録 : 2021-01-11 16:00 | 修正 : 2021-01-11 16:00

[SKテレコム、「5G太陽光基地局」でESGに拍車]



ESG(環境、社会、支配構造)経営に拍車をかけるSKテレコムが今年、ESG初の歩みとして環境(E)部門を攻略するため、5G基地局に太陽光パネルを装着し、3GとLTE網を統合するなど通信インフラのエネルギー効率を高めることに乗り出す。 情報通信技術(ICT)の力量を活用して社会に貢献するビックテク企業として生まれ変わるという 朴正浩(パク・ジョンホ)CEO(最高経営者)の意志が反映された。

10日、関連業界によると、SKテレコムは今年から順次、通信中継機に太陽光発電パネルを設置する作業に着手する。 太陽光パネルは局所単位で設置し、該当局所に設置された5G基地局を含めた3G、LTE基地局にも電力を提供できるようになる。 SKテレコムは今年から約3年間設置作業を進行し、現在、具体的な構築地域など実行計画を立てている。

太陽光発電パネルは基地局全体ではなく、一部電力を代替する役割を担う。 天気がいい日には太陽光発電を最大限活用して中継機の低炭素・エコエネルギー効率を極大化する役割を遂行することができる。

SKテレコムは昨年10月、政府から3GとLTEを一つの設備で統合運営する「シングルラン(Single RAN)」技術を温室効果ガス排出権取引制の相殺制度方法論として承認を受けた。 SKテレコムは当該技術を適用し、すでに昨年、温室効果ガス排出量の削減実績を認められた。 シングルランは3G、LTEなど多様な無線通信技術を一つの装備で使用できるように具現する技術だ。 二つの装備がそれぞれ消費した電力を一つの装備で統合消費できるようになるため、その分だけエネルギーの効率的活用が可能となる。

SKテレコムは2018年に開始したシングルラン適用事業を昨年完了した。 SKテレコムの関係者は"昨年、装備の設置が終了しただけに、シングルランの活用成果が今年最大化するだろう"とし、"政府に公式認証を受けたため、温室効果ガス排出削減に通信業界が一緒に活用することができる"と述べた。

最近、気候の変化が社会的話題と浮上し、SKグループはESG経営のうち、特に環境部門の実行を加速化している。 SKグループは韓国企業では初めてRE100(2050年まで電力の100%を風力、太陽光などのエコ再生エネルギーに代替するという企業間の約束)を宣言した。 SKテレコムはSK系列会社のうち、RE100加盟を公式化した8つの系列会社の一つだ。

SKテレコムは5G転換期とポストコロナ時代を迎え、急増するデータと電力使用量に対応しなければならない社会的責務を全うことができるよう、ESG経営をさらに強化する。 朴CEOは"最大限、私たちが持っている資源を活用し、エネルギーを効率的に使用してみよう"とし、関連アイデアを次々に提示しているという。
top