国家債務826兆ウォンで過去最大・・・国家財政赤字、11月まで98兆ウォン

양정미 기자

登録 : 2021-01-13 15:29 | 修正 : 2021-01-13 15:29

[写真=聯合ニュース]


昨年11月まで国家債務が826兆ウォンを超えた。過去最大値だ。国家財政の赤字幅も前年比2倍近く増えた。

企画財政部が12日に発表した『月間財政動向2021年1月号』によると、2020年1~11月までの国家債務は826兆2000億ウォンを記録し、前月より13兆4000億ウォン増加した。

国庫債券の残高と国民住宅債券の残高がそれぞれ13兆3000億ウォン、3000億ウォンが増加した影響だ。

総収入から総支出を引いた統合財政収支は、63兆3000億ウォンの赤字を記録した。1ヵ月で4兆3000億ウォンも増えた。統合財政収支から社会保障性基金などを差し引いた管理財政収支は98兆3000億ウォンの赤字で、前月比7兆7000億ウォンの赤字となった。

企財部は、「11月の国税収入が減少し、総収入が減ったうえ、第4次補正予算の執行など総支出が大きく増えた結果」と分析した。

11月の総収入は28兆2000億ウォンと集計された。基金収入は増えたものの、国税収入と税外収入が減少し、前年同期比9000億ウォン減少した。11月の累計総収入は437兆8000億ウォンで1年前より2兆4000億ウォン増加した。

国税収入は14兆ウォンで、前年同月比2兆1000億ウォン減少した。所得税(10兆9000億ウォン)と法人税(1兆2000億ウォン)は前月とほぼ同じ水準だったが、付加価値税は輸入と税政支援が減り8000億ウォン減少した。交通税も税政支援などで1兆3000億ウォン減少した。

税外収入は1兆6000億ウォンを記録し、1年前より2000億ウォン減少した。官有物貸下料など財産収入と過料など経常移転収入の減少が目立った。累計税外収入は23兆3000億ウォンで、前年同月比1兆2000億ウォン増えた。

基金収入の場合、12兆6000億ウォンと集計された。社会保障寄与金、経常移転収入を中心に増加し、前年同月比1兆5000億ウォン増となった。累計では146兆7000億ウォンを記録し、1年前より10兆ウォン増加した。

11月の総支出の場合、32兆6000億ウォンで昨年同月より6兆9000億ウォンが増えた。乳幼児保育料支援、求職給与など第4次補正予算事業と普通交付税執行などで支出が増加したためだ。11月の累計では計501兆1000億ウォンが出費された。前年同期比57兆8000億ウォンが増えた。

12月の残り1ヵ月間、政府が今年目標としていた年末までの赤字規模内で財政を管理できるかどうかがカギとなる。企財部は2020年の管理財政収支の赤字を118兆6000億ウォン、国家債務を846兆9000億ウォンと予想した。

昨年末基準の財政収支と国家債務は今年4月の2020年会計年度決算時に発表する予定だ。
top