[CES 2021] Grace Dolanサムスン星電子常務"次世代TV、個人化された経験の提供がカギ"

박수정 기자

登録 : 2021-01-14 11:06 | 修正 : 2021-01-14 11:06

[[CES 2021] Grace Dolanサムスン星電子常務"次世代TV、個人化された経験の提供がカギ"]



Grace Dolanサムスン電子・米国法人常務は次世代TVの最大の特徴として、個人化された画面を挙げた。 これからは優れた画質だけではなく、使用者の選択によって、一つの画面内で様々なコンテンツを楽しむことができるようになるとの見通しだ。

Dolan常務は12日、世界最大の技術展示会「CES 2021」で、「注目される次世代TV」という主題で進められたコンファレンスセッションで、このように述べた。

先にDolan常務は8K TVについて"米国で最も先にマーケティングを行った"、"8Kコンテンツを見た時、実存のイメージの前に立っているような感じを受けた。 私たちの技術に対する莫大な自負心を感じた瞬間"で述べた。

さらに、"消費者らはいつもより多くのことを望んでいる"、"私たちは8Kを通じて、コンテンツ、放送、ハードウェア製造でより高い標準を実現した"と述べた。

ただ、"まだ8K TVで見られるコンテンツは限られている"、"8Kを主流に作るために努力を傾けるが、、業界が乗り出さない限り、難しいだろう。 PCゲームで8Kコンソールが出て、8Kゲームが開発されるのは希望的"と付け加えた。

そして、次世代TVについて"サムスン電子は選択の幅が広くて、消費者が望む方式でコンテンツを見ることができるオプションを提供する"、"視聴者たちはTVの前に座っている同時にモバイルをして、TVでゲームとスポーツを同時に楽しむことができる"と述べた。

さらに、"画面に個人化された経験を作ることができるということが興味深い点"とし、"画面を3分の1にすることもでき、横にすることもできる。 コンテンツを経験したい方式に適合化された設定をすることができる"と述べた。

また、"伝統的な放送ではコンテンツ製作者と創作者が分離されていた"、"両世界が統合されることが機会になるだろう"と述べた。

そして、"予想できず、伝統的ではなかったフェアリングで素敵なパートナーシップが出るだろう"とし、"これが経験の可能性を極大化し、明らかにすることのできる方法"と述べた。
top