ハンコックタイヤ、データ分析プラットフォームの導入…デジタル革新の加速化

박수정 기자

登録 : 2021-01-19 15:09 | 修正 : 2021-01-19 15:09

[ハンコックタイヤ、データ分析プラットフォームの導入…デジタル革新の加速化]



ハンコックタイヤ&テクノロジーがデジタル転換を加速化している。

ハンコックタイヤは4次産業革命を先導する革新テクノロジー企業として、デジタル力量を強化するため、Tableauソフトウェアのグローバルビジネス分析プログラムを導入したと19日、明らかにした。 これを通じて、データ基盤の分析のプラットフォームを備えるなどデジタルオフィス革新を強化する方針だ。

Tableauは様々な種類のデータを視覚化し、使用者たちが簡単に分析できるようにしてくれるデーター分析プラットフォームである。 使用者の便宜性を高め、視覚的分析ツールを強化したのが特徴だ。 複雑なプログラムの使い方や演算語を学ばなくても、マウスクリックなどを通じて直観的にデータを収集して統合することができ、複雑なデータベース(DB)を数回の操作で簡単にグラフや図表に視覚化することができる。

ハンコックタイヤはグローバル事務所の経営・財務・販売・製品・製造・生産管理と研究関連業務にTableauを活用している。 これを通じて、全世界に散在されたデータを速く楽に把握し、意思決定が速やかになされるようにデータや経営指標を標準化し、簡潔なデータベースを構築した。 これを基盤に、分析及びリポーティング業務負担は最小化し、ビジネス観点で高い価値のインサイトを導出する業務により多くの時間を投資できるようになった。

また、現業部署の修正要請や高度化作業など多様な要求に対する即刻的な対応や精巧な作業を可能にした。 実際に標準化されたレポート作成のためのプロトタイプモデルを開発後、最終使用することまでは従来より約75%以上の開発期間を短縮させている。

ハンコックタイヤはデジタル力量の強化はもちろん、働く方式の革新を通じて、グローバルプレミアムブランドとしての地位をさらに強固にするという計画だ。

一方、ハンコックタイヤは4次産業革命の中核動力と注目されている「デジタル転換」時代を先導するための様々な努力を続けている。 この一環として、人工知能(AI)を活用したタイヤコンパウンド物性予測モデルである「VCD(Virtual Compound Design)システム」とデジタルセンサーを組み合わせた自動化検査システムを開発し、生産過程に導入した。

これと共に、SKプラネットとの協業プロジェクトを通じて、「道路危険探知ソリューション(Road Hazard Prediction & Detection Solution)」を開発しており、KAISTと未来技術共同研究のための「デジタル未来革新センター(Digital Future Innovation Center)」の建設などの協約を結び、デジタル転換を通じた革新的研究開発(R&D)及びデジタル技術力量の確保に主力している。
top