サムスン電子の生活家電6種、「AI+認証」獲得で品質証明

박수정 기자

登録 : 2021-01-21 13:30 | 修正 : 2021-01-21 13:30

[サムスン電子の生活家電6種、「AI+認証」獲得で品質証明]



人工知能(AI)機能を搭載したサムスン電子の生活家電製品が優秀なAI品質を備えた製品に付与される「AI+認証」を取得した。

サムスン電子は21日、自社の生活家電6つの製品が20日、韓国標準協会主管のAI+認証を取得したと明らかにした。

今回、サムスン電子が認証を受けた製品はロボット掃除機「ジェットボット(JetBot) AI」、「ビスポーク(BESPOKE)・ファミリーハブ」冷蔵庫、「グランデAI」洗濯・乾燥機、無風エアコンギャラリー・壁掛けワイドなどだ。

6つの製品が該当の認証を獲得したのは20日基準、家電業界で最多記録だ。

AI+認証は韓国標準協会が国際標準化機構(ISO)、国際電気技術委員会(IEC)の国際標準に基づいて、AI技術が適用された製品の品質を証明する認証で、製品の信頼性、機能適合性、セキュリティなどソフトウェア品質と持続的な品質改善システム保有などを評価して審査する。

世界最大の技術展示会「CES 2021」で革新賞を獲得したジェットボットAIはインテルのAIソリューションを適用し、LiDARセンサー、3Dセンサーをすべて適用し、一層進化された走行能力を誇る。

家電と家具を認識し、指定された場所を選んで掃除でき、床の障害物も自ら認知して回避するのが特徴だ。

音声認識機能を支援し、"冷蔵庫周辺の掃除してくれ"のような音声コマンドの実行も可能だ。

6年連続でCES革新賞を受賞したファミリーハブ冷蔵庫は2016年、業界で初めてAIとモノのインターネット(IoT)機能を適用した製品だ。

内部のカメラを通じて冷蔵庫の中にある食品を自動的に認識し、スマートな食材管理を支援する。

音声認識機能を活用すれば、調理法検索、スマートシンスと連結された家電製品の制御なども可能だ。
top