SKハイニックス、次世代Dラム工場「M16」竣工…崔泰源 "昨年の年俸、全て返却"

박수정 기자

登録 : 2021-02-02 00:12 | 修正 : 2021-02-02 10:01

[SKハイニックス、次世代Dラム工場「M16」竣工…崔泰源 "昨年の年俸、全て返却"]



"2年前、私たちがM16を建設するとした際、懸念の声が多かった。 しかし、もう半導体アップサイクルの話が出ているだけに、厳しい時期に決めた果敢な決断がより大きな未来を夢見ることができるようにしてくれた。"

崔泰源(チェ・テウォン)SK会長は1日、京畿利川(イチョン)で開かれたSKハイニックス半導体工場「M16」の竣工式で、このように感想を明らかにした。 2年前の懸念にもかかわらず、果敢な勇断を下したおかげで、SKハイニックスは今年下半期、極紫外線(EUV)工程を活用した次世代Dラムの量産に突入する。

◆サッカー場8つの大きさ...SKハイニックスの生産施設のうち、最大規模

「We Do Technology、幸せを開く」をテーマに行われた竣工式は新型コロナ防疫守則の遵守レベルで、簡素に行われた。 崔会長や崔ジェウォンSKグループ首席副会長、チョ・デシクSKスペックス追求協議会議長、朴ジョンホSKハイニックス副会長、イ・ソクヒSKハイニックス最高経営者(CEO)など16人が現場参加し、役職員と協力会社の職員たちは画像連結で一緒にした。

崔会長は"M16はこれまで会社が描いてきた大きな計画の完成であり、これで龍仁(ヨンイン)クラスターにつながる出発点として重要な象徴として残るだろう"と強調した。 さらに、"M16の誕生過程で、多くの人たちの助けがあっただけに、もうM16が彼らの幸福に貢献するだろう"とし、"経済的価値だけでなく、協力会社との共生、環境保護、地域社会の発展などESG(環境・社会・支配構造)の側面でも様々な可能性を模索してほしい"と呼びかけた。

2018年11月着工後、25ヵ月ぶりに竣工したM16には計3兆5000億ウォンの工事費が投入され、年人員334万人の工事人員が投入された。 サッカー場8つに匹敵する5万7000平方メートル(1万7000坪余り)の建築面積に、長さ336m、幅163m、高さはマンション37階に達する105mで造成された。 SKハイニックスが国内外に保有した生産施設の中で最大規模だ。

特に、M16にはSKハイニックス初めて次世代Dラムの量産に適用するEUV露光装備が初めて導入される。 今年、EUV装備2台が設置される予定であり、下半期からEUV装備を活用して4世代10ナノ(㎚・1ナノメートルは10億分の1m)級の4世代(1a)Dラム製品を生産する予定だ。

M16の竣工はSKハイニックスが2015年、利川M14の竣工式で明らかにした「未来ビジョン」の早期達成という意味もある。 当時、SKハイニックスは2014年から10年以内にM14を含め、国内に3つの新規ファブ構築計画を発表した。 以後、2018年に清州M15に続き、今回のM16まで完成し、未来ビジョンを3年繰り上げた。

◆半導体スーパーサイクル効果で弾力受けるのか

SKハイニックスはM16が崔会長が強調してきた「ファイナンシャル・ストーリー(Financial Story)」を実行していく尖兵の役割をするという期待もほのめかした。 イ・ソクヒCEOは"M16はEUV専用空間、先端公害低減施設など最先端インフラが集結した複合製造施設"とし、"今後、経済的価値の創出はもちろん、ESG経営にも寄与する一段階高いレベルの生産基地になるだろう"と述べた。

業界では今年、SKハイニックスがM16の次世代Dラム本格的量産と半導体スーパーサイクル効果に支えられ、年間営業利益10兆ウォンを達成するか注目している。 SKハイニックスは昨年の年間売上31兆9004億ウォン、営業利益5兆126億ウォンの実績を記録した。

昨年、このように高い実績にも最近、競争社に比べて低い成果給を巡り、役職員の不満が大きくなると、崔会長は同日の竣工式で、"昨年の年俸を全て返却する"と話したという。 2019年基準の崔会長がSKハイニックスでもらう年俸は30億ウォン水準だ。 昨年上半期には17億5000万ウォンだった。
 

[SKハイニックス、次世代Dラム工場「M16」竣工…崔泰源 "昨年の年俸、全て返却"]

top