災難支援金を受け取っても、消費支出は小幅減少

양정미 기자

登録 : 2021-02-18 16:10 | 修正 : 2021-02-18 16:10

[写真=Gettyimagesbank]


昨年第4四半期、政府の災難(災害)支援金支給などに支えられて家計所得が増加したが、消費支出は小幅減少したことが分かった。社会的距離置き(ソーシャルディスタンス)段階の引き上げで家庭内の消費が増加した中、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)で打撃を受けたサービス業種の消費は減少した。

統計庁が18日に発表した「2020年第4四半期の家計動向調査」の結果によると、昨年第4四半期の世帯別月平均消費支出は290万7000ウォンで前年比0.1%減となった。

昨年第4四半期の世帯別月平均所得は516万1000ウォンで1.8%増加した。世帯所得で利子費用、税金、献金のような移転支出などに使う非消費支出は98万6000ウォンで0.3%減少した。非消費支出を除いた処分可能所得は417万5000ウォンで、前年同期比2.3%増加した。黒字額は126万9000ウォンで前年対比8.2%増加し、黒字率も30.4%で昨年第4四半期より1.7%ポイント上昇した。

全体処分可能所得で消費支出にいくら使ったかを示す平均消費性向は69.6%で、前年対比1.7%ポイント下落した。平均消費性向は △-0.5%ポイント △2分位-2.3%ポイント △3分位-3.4%ポイント △4分位-0.4%ポイント △5分位-1.6%ポイントなど、すべての分位で減少した。

統計庁のチョン・ドンミョン社会統計局長は「家庭内消費は持続的に増加したが、対中サービス業消費は支出減少幅が大きく出た」とし「これによって消費支出減少幅が鈍化し、黒字額は増加した一方、平均消費性向は下落した」と分析した。

消費支出を12大費目別にみると、食料品・非主流飲料の支出は47万7000ウォンで、昨年第4四半期より16.9%増えた。肉類、野菜などの価格引き上げと消費増加により肉類(30.5%)、新鮮水産動物(28.7%)、野菜や野菜加工品(20.5%)などへの支出の伸び幅が大きかった。

酒類とタバコの支出は4万ウォンで前年対比12.5%増えた。酒類が22.2%、タバコが5.8%増加したと集計された。

住居・水道・光熱支出も29万9000ウォンで前年比5.5%増加した。家賃などが含まれる実際の住居費が8万2000ウォンで、1.6%増加した。家庭用品・家事サービス支出は15万9000ウォンで前年同四半期比15.6%増加した。家電・家庭用機器支出が5万3000ウォンで33.1%増加し、家具や照明支出も2万5000ウォンで13.7%増えた。一方、家事サービス支出は15.4%減少した。

保健支出は27万ウォンを記録し、栄養剤やマスク購入などの増加で医薬品と医療用消耗品の支出がそれぞれ9.4%、83.7%増加した。

交通支出は38万4000ウォンで2.6%増加した。運送機構の燃料費支出は9.7%減少したが、自動車購入は37%増えた。

コロナ19で打撃を受けた対面サービス業への支出は減少した。娯楽・文化支出は15万5000ウォンで前年同期比18.7%減少した。国内外の団体旅行、運動・娯楽施設の利用減少により団体旅行費、運動・娯楽サービスの支出はそれぞれ89.4%、23.6%減少したと集計された。

飲食・宿泊支出は36万1000ウォンで11.3%減少した。外食や飲み屋などの食事費の支出が11.2%減少した35万1000ウォンだった。

理・美容サービス、保険が含まれたその他の商品・サービス支出は25万ウォンで0.3%増加した。理・美容サービス支出は17.7%減少したが、保険支出は6.7%増加した。通信支出も6.8%減少した。スマートフォンの購入が減り、通信装備の支出が16%減少した。

教育分野では、学習塾の教育費支出の減少や高校無償教育実施の影響で15.2%減の18万6000ウォンを支出した。衣類や靴の支出は17万8000ウォンを記録し、前年同期より9.2%減少した。

 
top