"人の目にもっと近いイメージセンサー"…サムスン電子、「アイソセルGN2」発売

박수정 기자

登録 : 2021-02-24 10:56 | 修正 : 2021-02-24 10:56

["人の目にもっと近いイメージセンサー"…サムスン電子、「アイソセルGN2」発売]



人の目にもっと近いイメージセンサーがサムスン電子の指先で誕生した。

サムスン電子が一層アップグレードされた自動焦点機能を適用したイメージセンサー新製品「アイソセルGN2」を発売したと23日、明らかにした。

アイソセルGN2は業界で初めてピクセルを斜めに分割する「デュアルピクセルプロ」技術を適用した。 従来はピクセルを左右に分けて被写体の焦点を合わせたが、この製品はピクセルの一部を対角線に分割し、上・下位相差情報まで活用する高難易度の技術を適用した。 これによって、横縞の多い被写体、または背景にも一層強化された自動焦点機能を提供する。

アイソセルGN2は1.4㎛(マイクロメーター、100万分の1メートル)のピクセルを5000万つ集積した「1/1.12インチ」の大きさのモパイル向けイメージセンサーで、従来のGN1比ピクセルの大きさが0.2㎛大きくなったことによって、光を受け入れる面積が約36%増加し、さらに明るくて鮮やかなイメージを撮影できる。

使用者の環境によって様々な画素モードも支援する。 4つのピクセルを一つに束ねるテトラピクセル技術を活用する場合、低照度環境で1200万画素の明るく鮮明な写真撮影が可能である。

また、カラーピクセルを再整列する知能型リモザイクアルゴリズムと解像度を向上させるアップスケーリング技術を適用し、最大1億画素の繊細かつ超高解像度のイメージを演出できるとサムスン電子は説明した。
top