ポスコケミカル、電気車バッテリー素材の生産を増やす…陽極材工場の4段階増設

박수정 기자

登録 : 2021-02-24 12:13 | 修正 : 2021-02-24 12:13

[ポスコケミカル、電気車バッテリー素材の生産を増やす…陽極材工場の4段階増設]



電気自動車バッテリー市場が急激な成長を記録する中、ポスコケミカルが市場への対応に向けた陽極材工場の生産ラインの増設に乗り出した。

ポスコケミカルは23日、全羅南道光陽市(クァンヤンシ)で、陽極材光陽工場の4段階拡張建設工事の着工に入ったと明らかにした。 計2758億ウォンを投資し、陽極材光陽工場の生産能力を3万t(トン)増やす。

ポスコケミカルは今回の増設により、1回の充電時、500キロ以上走行できる3世代次世代電気自動車バッテリー向けハイニッケルNCMA(ニッケル・コバルト・マンガン・アルミ)陽極材を生産する予定だ。 2023年の稼動が目標だ。

今回の増設が完了されれば、ポスコケミカルは陽極材の生産能力を総10万tに拡大することになる。 陽極材10万tは60KWh級電気車バッテリー110万台あまりに使用できる量だ。

ポスコケミカルは2018年、1万t規模の陽極材亀尾(グミ)工場の竣工に続き、2019年、光陽栗村(ユルチョン)産業団地に5000t規模のハイニッケル陽極材光陽工場の1段階と2020年、2万5000t規模の2段階の工場を竣工したことがある。 現在、2022年11月の稼動を目標に、3万t規模の3段階の工事を進行中だ。

ポスコケミカルは光陽工場の段階的な増設と共に、欧州、中国など海外工場の設立も推進し、グローバル生産体制を構築するという方針だ。

ポスコケミカルは2030年までに陽極材は現在の4万tから40万tに、陰極材は4万4000tから26万tまで生産能力を拡大する方針だ。 これとともに、世界市場占有率を20%に引き上げ、年間売上23兆ウォン以上の規模に成長させるという目標を設定した。
top