​サムスンSDI、ハンガリー工場の増設に1兆ウォン近く投資

박수정 기자

登録 : 2021-02-24 15:01 | 修正 : 2021-02-24 15:13

[​サムスンSDI、ハンガリー工場の増設に1兆ウォン近く投資]



サムスンSDIがハンガリーバッテリー(二次電池)工場施設の拡充に1兆ウォン近い金額を投資する。

国内3大バッテリー企業のLGエネルギーソリューションとSKイノベーションが最近、米国バッテリー特許訴訟で神経戦が激化した中、サムスンSDIは欧州電気車市場の拡大に拍車をかけて乗り出したのだ。

サムスンSDIは23日、100%従属会社であるハンガリー法人(Samsung SDI Hungary Zrt.)が施設資金を調達するために実施する4037億ウォン規模の株主割当有償増資に出資を決定したと公示した。 また、5384億ウォン(4億ユーロ)規模を長期借入するハンガリー法人に債務保証も決定したと公示した。

これを通じ、サムスンSDI・ハンガリー法人が調達する資金は約9420億ウォンに達する。 確保された資金の一部は運営・借り換えなどに使われるが、多くが工場施設の拡充に投資される予定だ。

サムスンSDIが1兆ウォンに達する大規模な投資に乗り出したのは欧州電気車市場で優位を占めるための措置と解釈される。 先立って、サムスンSDIは先月の業績発表コンファレンスコールで、"今年はハンガリーを中心に増設を進めるだろう"と明らかにしている。

サムスンSDIは2017年5月、ハンガリー・Göd工場を欧州のバッテリー生産基地として竣工した後、翌年からバッテリーを量産し、欧州の電気自動車需要に対応してきた。

業界ではサムスンSDIが今回の投資を通じ、ハンガリー・Göd工場の生産能力(CAPA)を30GWhから40GWh台の後半まで拡大すると展望した。

業界関係者は"これまでLGエネルギーソリューション・SKイノベーションなどのライバル会社が意欲的な投資に乗り出した反面、サムスンSDIはやや消極的な立場と映ったのが事実"とし、"今回のハンガリーへの投資拡大を基点に、欧州電気車市場での立地を拡大するものとみられる"と伝えた。

一方、ドイツ市場分析会社のMatthias Schmidt報告書によると、昨年、主要な欧州市場で新規登録された電気自動車は133万台で、中国の新規電気車の登録台数(125万台)を抜いて、世界の電気自動車の最大市場に浮上した。

最近、欧州(EU)諸国の環境規制政策が強化された中、電気自動車補助金の支援も増えている。 これによって、欧州の電気車市場はさらに大きくなる見通しだ。 Matthias Schmidtは欧州自動車市場で電気車の比率が昨年12.4%だったが、今年は15.5%へさらに上昇するものと予想した。
top